2015年08月11日

眼瞼下垂治療のさらなる効果

 このブログではこれまでにも何度か、眼瞼下垂治療について解説してきました。眼瞼下垂治療は頭痛や肩こり、腰痛等、様々な症状を改善できます。しかしこれらの肉体的な症状の改善ばかりではなく、スポーツのパフォーマンスや学習能力の向上にも、大きな貢献を果たすことがわかってきました。
 コムロ美容外科ではほぼ毎日、年間で1000件程度の眼瞼下垂治療を行っており、これまでに累計件数は2万件に達しています。患者さまの中には、スポーツ選手や学生も含まれており、小学生が治療を受けたケースもあります(なおご両親がお連れしたお子様の場合でも、当クリニックでの治療はご本人の承諾が必要となります)。
これだけの治療実績があるクリニックは、世界的に見ても珍しいと言えるはずです。治療を行った1ヶ月後には、必ず検診を受けていただき、その後の状況をお聞きしています。その結果わかったのが、運動能力や学習能力の改善効果なのです。
 その一例が、セミプロ級のボクサーのケースです。この方からは「腫れたまぶたを治したい」というご依頼を頂いたのですが、実際には眼瞼下垂の症状でした。そこでその場でシャドーボクシングをしていただき、その後まぶたを挙げる医療用クリップを付けて同じことをしていただきました。その結果、まぶたを挙げた時の方が、間違いなくパンチのスピードが向上したのです。この体験でご本人も本当の問題を理解し、眼瞼下垂治療を行った結果、試合時のパフォーマンスも向上したのです。
 またゴルフのドライバーの飛距離が20〜30ヤード伸びたケースもあります。この方の場合は、アドレスを決める時に肩に力が入ってしまい、飛距離が思うように伸びなかったのですが、眼瞼下垂治療によって肩の力が抜け、これがいい結果に結びついたようです。
 これらの他にも、高校球児の投球スピードが改善したケースや、テニス選手のショットスピードが向上したケースもあります。高校でバスケットボール選手だった方は、眼瞼下垂治療後にシュートの狙いが定まりやすくなったと言っていました。
 その一方で、眼瞼下垂治療後に偏差値が上がったという小学生のお子さんもいらっしゃいます。また高校生の患者さんでも、以前より記憶力が高まったと言うケースが複数存在しています。
 これらの事実が物語っているのは、眼瞼下垂治療によって周囲の状況が見えやすくなり、認知能力も向上することによって、スポーツや勉強のパフォーマンスが向上するのではないかということです。このような効果は、認知症の方でも享受できるはずです。眼瞼下垂でものが見えにくくなると、読書などが難しくなり、新たな情報を入手しにくくなります。しかし治療によってこの状況が改善されれば、外部からの刺激を受けやすくなり、認知能力も高まると考えられます。
 
 日本人は7〜8割の方が眼瞼下垂の症状を持っていると言われています。スポーツのパフォーマンスがなかなかアップしない、あるいは勉強の成績が伸び悩んでいるという悩みを持っているのであれば、その原因は眼瞼下垂かもしれません。
 また眼瞼下垂治療は猫背を改善できますが、これによって老化が遅くなり、ガンにもなりにくくなるという効果もあります。猫背の方は呼吸が浅く、1回の換気量が少ないため、体内に活性酸素が溜まりやすくなり、細胞を錆びさせてしまいますが、猫背を改善することで呼吸量が増え、活性酸素を追い出しやすくなるからです。肥満体の方はこの効果によって、代謝が良くなり、体重が減少しやすくなります。もちろん顔のこわばりが解消され、表情筋に収集で生じる細かいシワがなくなり、優しく若々しい顔になるという効果もあります。老化の防止ばかりではなく、アンチエイジングも期待できるのです。
このように眼瞼下垂を治療することで、美容と健康、若返り効果、運動能力や学習能力の改善効果が得られます。これらに関して悩んでいるのであれば、ぜひ一度専門医に相談されることをお薦めします。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。