2007年06月04日

韓国「Mediforman」訪問記(1)

去る5月16日、韓国・ソウルにある「Mediforman」を訪問しました。
Mediformanは男性に特化した整形医院で、今年で設立7年目、
すでに韓国内に7つのクリニックを展開しています。

私が訪問したのは、ソウル狎鴎亭(アックジョン)にある本院。
目的はMediformanと私が経営する九州コムロ美容外科との間で
業務協約を結ぶことです。

Photo1

Mediforman 院長のスンホ先生は
もともとは大学病院の泌尿器科の先生をしていた方です。
まだ46歳という若さなのですが
泌尿器関係のあらゆる手術の経験があるといいます。
たとえば先天性の尿道下裂という、
治療がとても難しい病気があるのですが
スンホ先生はこの病気を治せる先生として知られています。
また彼が率いるMediformanも、
男性器治療の分野で抜きん出た実力を持っており、
わずか7年間で急成長を遂げています。

Photo2

上の写真はスンホ先生の名刺。
金色に輝き、なかなかゴージャスです。
そして下の写真は、スンホ先生とのツーショット。
左に立っている方が、スンホ先生です。

Photo3

今回の業務協約の最大の目玉は、
イノポール−Dと呼ばれる製品を使用した陰茎増大術を
日本でも実現できるようにすることにあります。
下の写真が、イノポール−Dです。
これは2年前に韓国REGEN社が開発した製品で
韓国科学技術院(KAIST)の特許技術が活用されています。

Photo4
実は今回のMediforman訪問は、
イノポール−Dを開発したREGIN社のオーナーから
招聘を受けて実現したものです。
スンホ先生はイノポール−D施術の第一人者であり
Mediformanではこれを利用して
月間約80件に上る施術を行っているといいます。
施術方法の説明は次回行いたいと思いますが
これを利用した陰茎増大術は
これまでの常識を覆す、極めて画期的なものなのです。

なお韓国では食品や医薬品の安全性を
韓国食品医薬品安全庁(KFDA)がチェックしていますが
イノポール−Dは陰茎治療製品として
唯一KFDAに認可されており、
この点でも画期的な製品だといえるでしょう。

Photo5

Photo6

上の写真は調印式の様子。
この後、実際の施術にも立ち会わせていただきましたが
やはり画期的であると実感しました。

それではイノポール−Dを利用した陰茎増大術とは
いったいどのようなものなのか。
次回、詳しくご紹介したいと思います。

※イノポール(InnoPol)は韓国REGIN社の登録商標です。

posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 男性泌尿器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする