2007年06月18日

KBCラジオに出演中

こんにちは、ドクターコムロです。
実はいま、福岡ローカルのラジオ局KBCの生番組に
週1回のペースで出演させていただいております。
番組名は「土曜の朝は玲子におまかせ」。
この中の「玲子のビューティー倶楽部」というコーナーに
福岡コムロ美容外科の岩崎歯科医長と一緒に出ているのです。

このコーナーは今年4月7日にスタートしたもので
オンエアは毎週土曜日、午前11時から10分間です。
取り上げる内容は、主に美容整形に関する話題。
10分前にスタジオ入りし、リハーサルなしで本番です。
これまでにもいくつかの番組に出演したことがありますが
生のラジオ番組は独特のライブ感があっていいですね。

下の写真は、6月9日のスタジオのようす。
私の左側にいらっしゃるのが、
メインパーソナリティの徳永玲子さんさんです。
この番組にはADからたたき上げの
栗田善太郎さんというパーソナリティもいらっしゃいます。
お二人とも、とても明るくて、番組そのものも
「笑いで始まって笑いで終わる」といった感じです。
実に楽しい10分間なのです。

Studio

この日のテーマは「ワキガ」。
ワキガ対策や治療方法などについて
いろいろとお話をさせていただきました。
そろそろ汗をかく季節になりつつあるので
タイムリーな話題だといえるでしょう。
このブログでも次回は「ワキガ」の治療方法を
紹介したいと思っています。

さて、なぜいま6月9日のお話をしているのかというと
この日がちょっと特別だったからです。
実はこの日の収録後、番組のみなさんが
コムロ美容外科の福岡院を訪問してくださったのです。
そしてそれだけではなく、パーソナリティの徳永玲子さんが、
当院のプラチナ点滴を体験してくださったのでした。

プラチナ点滴は一種の栄養強化剤で、
当院ではプラセンタ入りのものを使用しています。
プラセンタはもともと、
肝機能障害の方に注射されていたものですが
これを点滴すると元気になるだけではなく
翌日のお肌の張りもよくなります。

一般に飲み薬として販売されているプラセンタは
ブタの子宮から抽出されたものを使っていますが
点滴用はヒトから抽出されたものを使用するので
さらに効果が高くなります。
お肌のガサツキがある場合には
ビタミンCとEも併用します。

Fig_119

「点滴は痛い」というイメージがあったという玲子さん、
その体験も、最初はちょっと抵抗があったそうです。
でも実際に打ってみると
「ぜんぜん痛くないですね」とのこと。
針が刺さっていることがわからないくらいだと
おっしゃってくださいました。
最近の点滴や注射は、針が非常に細くなっているので
痛みはほとんどなくなっているのです。

せっかくなので、福岡院の前で記念撮影。
玲子さんの左側の方が、栗田善太郎さんです。
この後はみんなで、夜の博多へと繰り出しました。

Clinic

めざす店は、高千穂産地鶏の水炊きで有名な
「博多味処 いろは」です。
プラチナ点滴を打った玲子さんは
「いつもよりお酒が飲める」と嬉しそうでした。

Kaisyoku

またいつもは10時頃に寝てしまうそうなのですが
この日は夜が更けてからも元気いっぱいで、
「いろは」を出た後もさらにホテルのバーへ。
結局12時近くまで、楽しい時間を過ごしました。

玲子さんも栗田善太郎さんもお忙しい方ですし
私自身もオペで宮崎・福岡・東京を飛び回っているので
なかなかスタジオの外でお会いできる機会がありません。
でも、というべきか、だからこそというべきか
ほんとうに楽しいひとときを過ごすことができました。

機会があったら、ぜひまたご一緒したいですね。
本当にありがとうございました。



posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 美容点滴・注射 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。