2007年12月18日

韓国のスンホ・ムーン先生が来日

12月7日(金)、韓国のスンホ・ムーン先生が
福岡コムロ美容外科歯科にご来院されました。

Fig_77
(左から、Mediformanの事務局長、スンホ・ムーン先生、私です)

スンホ・ムーン先生については
6月4日の「韓国「Mediforman」訪問記」
でご紹介しましたが、憶えていますか?
韓国の「Mediforman」の総院長で
泌尿器関係の治療で高い実績を持つ先生です。
私が5月に訪問させていただいた時には
7つのクリニックを展開していましたが、
今回お話を伺ったときには
クリニック数が10まで増えているとのこと。
ビジネスも順調にいっているようです。

スンホ・ムーン先生が来日したのは
日本の美容外科医院を視察するため。
12月4日から日本にいらっしゃっており
すでにいくつかの医院を見てきたとのこと。
先生が当院にいらっしゃった時は
ちょうど私がオペを開始する時で
このオペを最後までごらんになっていました。

この日に行ったオペは、
腹部と大腿部の脂肪を吸引し、それを
PRP(Platelet Rich Plasma:自己多血小板血漿)
と一緒にバストに注入する
というものでした。
7月17日に『肌の細胞が若返る「ACR療法」』
というエントリーを掲載しましたが
今回の施術はACRを応用したものです。
脂肪をPRPと一緒に入れることで
定着率が高まるというメリットがあります。

脂肪吸引や脂肪注入は、
韓国でも普通に行われている施術ですが
ACRと組み合わせるケースは見たことがないと
先生は驚かれていました。
それもそのはず、ACRは日本で開発されたもので
韓国ではまだ使われていないのです。
通訳の方を介して説明しながらオペしたのですが
非常に興味深げに見ていらっしゃいました。

オペの後、院内の設備を見学していただき
ホテルにチェックインしてから食事会。
今回もまた、福岡・赤坂にある「やま中」で
博多もつ鍋をいただきました。

Fig_78

その後は韓国ラウンジへと席を移し、カラオケです。
韓国の方は、カラオケが大好き。
スンホ・ムーン先生もかなり歌われました。

Fig_79
(左から、事務局長、スンホ・ムーン先生、通訳の方です)

翌朝、先生は大阪へ向かいました。
私はKBCラジオで「玲子におまかせ」に出演です。

スンホ・ムーン先生が来院された関係で
この時ちょうど、イノポールの日本総代理店である
メディカルコスメの社長が福岡に来ていました。
そこでいきなりなのですが、
「一緒にラジオに出ませんか」とお誘いして
一緒にKBCラジオへと向かいました。

お話の内容は韓国の美容整形事情です。
社長は韓国と太いパイプを持っており
向こうの事情をよくご存じなのです。
韓国はよく知られているように“整形大国”ですが
以前はやはり「整形は女性のもの」
という考えが主流を占めていました。
しかし最近では男性の患者さまも増えており
特に泌尿器関係のニーズが高まっているそうです。

専門家のお話を聞くのは、とても興味深いものです。
知識を差し上げたり、いただいたり、
なかなか有意義な2日間になりました。

posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 交流活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする