2007年12月25日

テレビでアンチエイジングの話

12月14日(金)に、UMK テレビ宮崎の
「UMKママ感情報PAKUPAKU」に出演しました。
この番組はこれまでにも何度か
出させていただいているのですが
今回は「アンチエイジング」をテーマに
ACR療法とエセリス(ヒアルロン酸)の話を
させていただきました。

Fig_80

上の写真はスタジオのようす。
左から、尾田考美アナ、成井富左子アナ、そして私です。

尾田アナは以前テレビで、ニューハーフが美容外科を訪れて
よりきれいになるという企画番組を見たことがあるそうです。
この時にACRという言葉を聞き、
これが具体的にどのようなものなのか
ずっと疑問に思っていたといいます。
今回の番組はこの疑問を解き明かす
絶好の機会になったはずです。

私はまずACR療法とは何かを説明し
どのようにPRP(自己多血小板血漿)を採取するのか
それをどのように注入していくのか、
そしてその結果どのような効果が得られるのかを
順を追って説明していきました。

なおこのブログではすでにACRの話をしているので
ACRの詳細は以下のエントリーをご参照ください。
     ↓
 『肌の細胞が若返る「ACR療法」(1)』
 『肌の細胞が若返る「ACR療法」(2)』
 『肌の細胞が若返る「ACR療法」(3)』

Fig_81

この写真はACR療法の説明をしているところ。
画面は症例写真なのですが
これを拡大すると下のようになります。

Fig_82

上が施術前、下が施術後です。
下眼瞼のちりめんジワやクマが改善していることが
おわかりいただけると思います。
ACRはこのように、細かいシワに対して
効果を発揮する施術なのです。

それでは一本一本はっきりとしたシワは
どうすればいいのでしょうか。
この場合にはヒアルロン酸注入が効果的です。
これもこのブログで紹介しているので
詳しくはこちらをご参照ください。
     ↓
 『ヒアルロン酸にもいろいろあります』

ヒアルロン酸としてはエセリスが優れている
という話もブログでしましたが
今回の番組でもエセリスの紹介をしました。

Fig_83

上の写真はエセリスの効果を説明しているところ。
この説明写真の元になったのが、下の写真です。
上から順に、施術前、施術デザイン、施術後です。

Fig_84

Fig_85

Fig_86

エセリスの注入は長さ1cmの細い針を使って行います。
真皮の浅層部から中間部に表皮と並行に針を入れ
針を抜きながらシワに沿って注入していくのです。
デザインの点線は、針を差し込む時のガイドラインであり
この点線に沿って走行を目視しながら針を入れていきます。
この細かい作業を正確に行うことが
エセリス注入の最大のポイントだといえます。

番組の最後には、当院で現在実施している
トライアルキャンペーンも紹介させていただきました。

Fig_87

いまならエセリスは半額、ACR療法は4割引です。
シワでお悩みの方は、ぜひこの機会に
お試しいただくことをお勧めします。

posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 若返り(しわ、たるみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする