2008年04月15日

On the TV 〜 PRP皮膚再生療法

 3月にラジオ出演のネタを3回にわたってお送りしましたが、テレビにも定期的に出演しています。今回はUMKテレビ宮崎の「UMKママ感情報 PAKUPAKU」に出演した時のようすをお送りしたいと思います。

 4月10日に収録して、翌日に放映された内容です。テーマは再生医療によるアンチエイジング。

 それではどうぞ・・・

Fig_12
(中央の方が進行役の尾田考美さんです)

尾田考美さん: 美容情報〜。今回はアンチエイジングについて伺います。ゲストはコムロ美容外科 総院長の小室先生です。

コムロ: よろしくお願いします。

尾田さん: 今日はアンチエイジングの中から、どのようなお話をお聞かせいただけるのですか?

コムロ: 今話題になっている「再生医療」という言葉をご存じですか?

尾田さん:再生医療・・・聞いたことありますね。

コムロ: これはお薬を使わずに、ご自身の細胞で若返る方法です。

尾田さん: 自分の細胞で若返る・・・

コムロ: 今日はその方法をご紹介します。

尾田さん: まずはフリップをどうぞ。

Fig_13
(クリックすると拡大表示されます)

コムロ: ここに「PRP皮膚再生医療」と書いてありますが、PRPというのは「Platelet Rich Plasma」という言葉の頭文字を取ったもので、ご自身の血小板を使った再生医療のひとつです。血小板というのは止血作用と修復作用がありますが、実は この中に成長因子が見つかりました。これを注入することで肌細胞が活性化し、お肌にハリが生まれ、シワが取れるのです。

Fig_14
(クリックすると拡大表示されます)

コムロ: その具体的な方法ですが、まずご自身の血液を16ccほど取り、これを遠心分離器にかけます。こうすることで血液がいくつかの層に分かれます。

Fig_15
(クリックすると拡大表示されます)

コムロ: このようにフィルターの下に赤血球の層、フィルターの上に血小板を含んだ血漿の層ができますが、使うのは血小板を多く含む血漿の部分です。上の部分は捨ててしまいます。

尾田さん: 濃い部分だけを使うんですね。

コムロ: そうです。それをご自身の気になる場所に注入します。

尾田さん: 注入するとこのように・・・

Fig_16
(クリックすると拡大表示されます)

コムロ: この方は頬の部分に注入しております。

尾田さん: 明らかにピンと張ったような感じになっていますね。

コムロ: 肌細胞が老化すると左のような感じになりますが、血小板を注入することで右のように若返るんです。

尾田さん: 素晴らしいですね。そしてもう一例・・・

Fig_17
(クリックすると拡大表示されます)

コムロ: これは下眼瞼に注入したケースです。

尾田さん:目の下の部分ですね。

コムロ: 目の下にたるみが生じていますが、ここに血小板を注入することでハリが生まれます。

尾田さん: うわあ、すごいですね。ところで先生、今回も・・・

コムロ: 今回もキャンペーンをやっています。

尾田さん: はい、それではお願いします。

Fig_18
(クリックすると拡大表示されます)

コムロ:通常であれば1キット21万円のところを、18万9千円でご提供しています。それからヒアルロン酸とセットにしたプランもご用意しています。細かいちりめんジワは血小板注入がいいのですが、一本一本のシワはヒアルロン酸が効果的です。

尾田さん: ではこのセットで行うと・・・

コムロ: さらに効果があります。

尾田さん: お悩みの方はぜひご相談ください。先生、今日もありがとうございました。

----------------------------------------------------------------

 「UMKママ感情報 PAKUPAKU」の美容情報コーナーは、ラジオのコーナーに比べて時間が短いので、あまり細かい話ができません。でもフリップを使って説明できるので、効率的に情報をお伝えできるというメリットがあります。

 今もキャンペーンは続いておりますので、シワが気になる方はぜひ一度、当院にご相談ください。

posted by コムロ美容外科 at 14:54 | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする