2008年07月15日

研修旅行に行ってきました(1)

先月、宮崎コムロ美容外科のスタッフと一緒に、研修旅行に行ってきました。今回と次回はその話をしたいと思います。

スタッフの研修旅行は、ほぼ毎年のように行っています。患者さまにどのようなサービスを提供すべきか、どのような改善点が考えられるのかを、みんなで一緒 に考えるためです。今回の日程は6月19日、20日の2日間。宮崎コムロ美容外科のドクターの中に九星吉方位に詳しい人がおりまして、行き先は彼の提案に 従い、指宿(いぶすき)にしました。

朝10時少し前にクリニックに集合して、予約したバスに乗り込みます。天気予報は雨。降水確率は初日が80%、二日目は90%と、旅行にはあまり好ましくない天気です。案の定バスに乗り込むと、すぐに雨が降ってきました。

まず鹿児島市のドルフィンポートの近くで昼食。運がいいことに、この頃から雨が上がって日が差してきます。昼食後は指宿神社へ。バスに乗り込むとまた雨が降り始めたのですが、指宿神社に到着する5分前には雨が上がりました。

私 が指宿神社に参拝するのはこれで3回目です。いつ来ても荘厳な気持ちになります。ここに来ると本当に運が開けるような気がするのです。今回の研修旅行も、 一番大きな目的はスタッフと泊まり込んで話し合いの場を持つことですが、指宿神社の参拝も重要な目的のひとつなのです。

参拝の後は、この 日の宿舎である指宿「白水館」へ。海のすぐそばにあるかなり大きな旅館で、海の青と松の緑のコントラストが楽しめます。建物や庭園も立派なのですが、この 旅館の目玉はなんといっても温泉です。江戸時代をモチーフにした温泉や、スケールの大きな露天風呂、打たせ湯、釜風呂などがあるのです。江戸時代をモチー フにした温泉は、浮世風呂、花魁風呂、江戸石榴風呂と、名前もユニークです。

それらの中でも特に面白いのが「砂蒸し風呂」です。これは指 宿の名物で、天然の砂蒸し風呂は世界的に見ても珍しいものなのだそうです。砂の上に横たわって、その上から砂をかけてもらうのですが、10分くらいでどん どん汗が出てきます。その後さらに10分くらい入っていたのですが、なかなか気持ちいいものです。300年前からある湯治法なのですが、最近では鹿児島大 学医学部の調査によって、健康増進の効き目があることもわかっているそうです。人体をリフレッシュさせる効果が、普通の温泉の3〜4倍あるのだとか。

各自温泉を楽しんだ後は、ミーティングです。ここでどのような話し合いをしたのかは企業秘密。宮崎コムロ美容外科をさらにお客さまに愛されるクリニックにするためのアイディアを、みんなで出し合いました。

ミーティングが終わったら夕食です。食事が終わると、外はすっかり暗くなっています。雨はすっかり上がり、空には星も見えています。せっかくなのでみんなで庭園に出て、記念撮影です。

Fig_46

雨の中を旅行するのはつまらないものですが、初日はどうにか雨の影響を受けずにすみました。実際に雨は降ったのですが、すべてバス移動の間だけだったからです。ラッキーとしかいいようがありません。しかしこのラッキーは、2日目も続くのです。続きは次回

posted by コムロ美容外科 at 15:45 | クリニック関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする