2009年07月28日

性同一性障害〜睾丸摘出術

 

前回はホルモン療法についてお話ししましたが、性同一性障害を解消するアプローチとしては、他に性別適合手術があります。今回と次回はMTFに焦点を絞り、性別適合手術とはどのようなものなのかを紹介します。今回取り上げるのは「睾丸摘出術」です。

 MTFの場合、女性ホルモン投与による効果が完全に出るまでには、だいたい1〜2年程度かかります。一般にはこの間に、身体的性別の変化に伴う社会生活 の変化を経験し、無理なく「新しい性での社会生活に適応」することを目指します。この「新しい性での社会生活」のことをRLE(Real Life Experience)というのですが、日本精神神経学会のガイドラインではこのRLEを一定期間経験することを重視しています。性別適合手術を受ける場 合も、このRLEを経てから「最終ステップとして性別適合手術を行う」ことが推奨されています。

 しかし男性の身体に対する違和感や嫌悪 感が極めて強い場合には、むしろ短期間で「新しい性」へと移行することが望ましいケースもあります。その場合にはホルモン療法に時間をかけるのではなく、 短期間で効果が現れる「睾丸摘出術(去勢術)」を行います。狭い意味での「性別適合手術」は「性器の外観を調整する手術」であり、睾丸摘出術は含まないと いう考え方もあります。しかし「性別適合のための手術」という広い意味でとらえれば、睾丸摘出術も性別適合手術の一種と考えられます。

 施術方法は比較的簡単です。

(1)まず十分な消毒を行い、局所麻酔を施します。

(2)陰嚢の裏の目立たないところを数センチ切開します。

(3)切開したところから丁寧に睾丸を摘出し、切開箇所を吸収糸で縫合します。

 施術時間は約30分。翌日からシャワーを使うことができ、1週間目からは入浴も可能です。入院や施術後の通院の必要はありません。吸収糸は3〜4週間で自然に消えてしまいます。

 睾丸摘出術を行うと、1〜2ヶ月で以下の効果が得られます。

1.男性ホルモンの減少
2.乳房や乳腺の発育
3.皮膚がきめ細やかになる
4.髭と体毛の減少
5.頭髪の増加、禿の改善
6.筋肉の減少により、女性的な丸みをおびた体型となる
7.性欲の減退
8.勃起障害

 短期間でMTFの効果を得たい方に適していますが、次のような方にも適応します。

・女性ホルモンを投与しているにもかかわらず、女性化の効果が現れにくい人。
・長期間の女性ホルモンの服用が面倒な人。
・長期間の女性ホルモン投与に伴う副作用が心配な人。

 前回お話ししたように、女性ホルモン投与を行うと、最初の1ヶ月に抑うつ状態になるという副作用があることがわかっています。また長期的な服用に伴い、肝機能障害が生じることも珍しくありません。睾丸摘出術ならこれらの副作用を回避できます。

  睾丸摘出術は男性ホルモンの「元を絶つ」ことで、身体の女性化を促すものだといえます。これによって乳房や乳腺の発育や体毛の減少、頭髪の増加、体系の変 化など、女性の身体的特徴が現れてきます。しかし性器の形状そのものは変化しないので、完全に女性の身体になるというわけではありません。当然ながら「女 性として性交を行う」こともできません。

 性器の形状を女性のものに変えるには「陰茎反転法膣形成術」を行う必要があります。この施術は睾丸摘出も同時に行うので、睾丸摘出術の効果も得られます。

 次回はこの「陰茎反転法膣形成術」についてお話しします。



posted by コムロ美容外科 at 18:13 | 性同一性障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。