2009年09月22日

でべそ形成術(おへその再建術)

 女性の中にはおへその形にコンプレックスを持っていらっしゃる方も少なくありません。なかでも「でべそ」の場合には、深刻な悩みを持たれているケースが多いようです。

 でべそは温泉などで裸になった時はもちろんのこと、水着を着たときにもはっきりとわかります。特に若い女性はでべそを恥ずかしがるようです。ある調査によれば、でべその手術患者の7割は30歳未満だということです。

 それでは「でべそ」という状態は、なぜ起きるのでしょうか。これを理解するには、まずおへその構造を知っておく必要があります。

 おへそとは、胎児の時に母体とつながっていた管(いわゆるへその緒)を、出産時に切り落とした時に、赤ちゃんのお腹に残った部分です。通常はへその緒を切り落とした時に、乾燥・脱落した部分が収縮し、凹んだ状態になります。表面から見るとただの凹みに見えますが、その内側には瘢痕組織というものがあります。

 この瘢痕組織が内側から押されると、本来凹んでいるべきおへそが出っ張ってしまうことがあります。このような症状を「臍突出症」といいますが、これが一般的なでべその仕組みです。

 でべそにはもうひとつ、ヘルニアを伴う「臍ヘルニア」という症状もあります。瘢痕組織が押し出されるのではなく、腹腔内容が皮膚と腹膜に包まれた形で外側に出っ張っている状態です。妊娠や肥満が契機となってでべそになった場合、一般的なでべそではなく「臍ヘルニア」である可能性があります。またでべその部分が柔らかい場合には「臍ヘルニア」である可能性が高いといえます。これは病気の一種です。そのため美容外科ではなく、一般外科で治療を受ける必要があります。

 美容外科の対象は、瘢痕組織が押し出されることで生じる一般的なでべそです。原因はいくつか考えられますが、そのひとつに出産時の不適切な処置が挙げられます。へその緒の切断は、本来であれば赤ちゃんのおへそから5ミリ〜1センチの所を縛って行うのがいいのですが、この縛る場所が中途半端な場合には、残ったところが固くなってしまうことがあります。こうなるとでべそになりやすいのです。

 一般的なでべそを治すには、瘢痕組織の一部を切り取る施術を行います。これを「臍の再建術」といいます。施術時間は30分程度。局所麻酔で行います。

 縦長の美しいおへそになるように、切開線も縦方向にデザインするのが一般的です。もちろんデザインは、患者さまのご要望に合わせることができます。瘢痕組織は固く厚みがあるので、メスで一気に切開するのではなく、メスとハサミを併用して慎重に切開していきます。瘢痕組織をある程度切除した後は、瘢痕組織を覆っていた皮膚の大きさや厚さを調整した上で、おへその穴の底の部分に縫合固定します。最後に綿球を使っておへその穴を十分に圧迫し、さらにお腹の左右を引き寄せるようにします。これを「タイオーバー」といい、1週間後に除去します。この間は患部をぬらしてはいけません。施術後10日ほどで抜糸しますが、1ヶ月間はおへその穴を綿球などで圧迫固定しておく必要があります。

 一般外科の経験があるドクターであれば、それほど難しい施術ではありません。しかし美容外科の経験しかなく、しかもまだ未熟なドクターの場合には、瘢痕組織を全部取り除くというミスを犯してしまい、臍ヘルニアを発症させる危険があるので注意が必要です。毎回申し上げていることですが、施術を受ける場合にはぜひとも経験豊富なドクターを選んでください。

 縦長のスッとしたおへそは、体型をスマートに見せる効果もあります。でべそで悩んでいるのであれば、一度専門医に相談されることをお勧めします。



posted by コムロ美容外科 at 16:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。