2009年11月10日

お肌の加齢とエラスチン(2)

 前回の続きです。加齢に伴うシワやお肌のたるみは、エラスチン(弾力性線維)の量と深い関係があります。下のグラフは、お肌の中のエラスチンの量が、年齢と共にどのように変化するのかを、おおまかに示したものです。

Photo
 生まれてから15歳前後(初潮開始年齢)までは、エラスチンは真皮の中に十分存在しており、お肌の張りも100%の状態を維持しています。つまり、赤ちゃんの肌と中学生時代までの肌の張りは、ほとんど変わらないということです。その後25歳前後までは徐々に弾力性を失って硬くなります。25歳以降は急激に減っていきます。そのまま放っておくと、45歳頃(閉経時)にはエラスチンがほぼ失われます。輪ゴムは最初進展良好ですが、時間と伴に徐々に伸びて硬くなり、そして切れてしまいます。まさに、エラスチンの運命と同じです。良く「25歳はお肌の曲がり角」といわれますが、まさにその通りなのです。

 45歳を超えると、エラスチンは体内で生成されなくなります。エラスチンの生成は女性ホルモンと関係があるのですが、多くの女性は45歳くらいで生理が止まってしまうため、女性ホルモンも分泌されにくくなるからです。その後のお肌はたるむ一方です。

 それではお肌の老化を防止するには、どうしたらいいのでしょうか。ポイントは「早めに手を打つ」ことです。45歳を超えるとエラスチンはほぼ失われ、取り戻すことができません。それならば45歳になるまでの間に、何らかの手を打ってエラスチンの減少をくい止めればいいのです。

 そのひとつの方法として挙げられるのが、ヒアルロン酸注射です。ヒアルロン酸を真皮に注射すると、真皮内に水分を保持しやすくなります。この水分がエラスチンの維持や、弾力性保持に役立つのです。

 また熱によってエラスチンの弾力性を強くする方法もあります。エラスチンは熱を加えると縮まる性質があります。これを「熱変性」というのですが、エラスチンが縮まればコラーゲン同士を結びつける力が強くなります。「タイタンやリファーム」はこの効果を狙ったものです。

 いずれにしても、お肌の中にエラスチンが残っていることが前提です。エラスチンがなくなってしまえば、もはやどうしようもないのです。この場合にはヒアルロン酸注射やタイタンやリファームではなく、切開を伴うフェイスリフトやフェザーリフトが必要になります。

 若い方の中には、お肌のシワやたるみの防止など、まだ関係ないと考えている方も多いと思います。しかし実際には、必要になってから手を打つのでは遅すぎることがわかります。

 エラスチンは25歳を超えると急速な勢いで失われていきます。「まだ早いかな」と思っているうちにこそ、お肌の加齢防止に向けた手を打っておくべきなのです。



posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 若返り(しわ、たるみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。