2009年11月24日

シルエットリフトのコツ

 コムロ美容形成クリニックでシルエットリストを始めてから、約10ヶ月が経過しました。先日は私どものスタッフも施術を受けています。彼女は50代前半で当クリニックではアートメイクを担当しているのですが、施術の仕上がりにたいへん満足しているようです。

 下の写真が施術前後の状態です。上が施術前、下が施術後です。

Photo

Photo_2

 マリオネットライン(口角の下のシワ)がほとんど無くなり、ほうれい線も目立たなくなっているのがわかると思います。小顔効果と表情も若々しく、柔らかい感じになっていますね。

 数多くの施術を行うことで、シルエットリフトを確実に成功させるコツもわかってきました。ポイントは2つあります。(基本的な施術内容は「シルエットリフト始めました。」で紹介しておりますので、ご存じない方はこちらをご参照ください。)

 まずひとつめのポイントは「糸の干渉」を防ぐことです。「干渉」といってもわかりにくいかもしれないので、まずは下の絵をごらんください。

A

 シルエットリフトは、ほうれい線の位置からこめかみに向けて複数の糸を皮下に通すのですが、十分なリフト効果を出すために糸を交差させた状態にします。シルエットリフトにはリフト効果を生み出すコーンが等間隔に八個付いており、これらのコーンが交差する部分で重なり合います。これが干渉です。

 コーンが干渉してしまうと、その部分が厚くなったり、引っかかりができて表情がぎこちなくなる可能性があります。またこの引っかかりのせいで、十分なリフト効果が出ないこともあります。頬骨が張っている方は、これらの危険性が特に高くなります。

それでは干渉を防ぐには、どうすればいいのでしょうか。干渉する場所のコーンを取り除けばいいのです。

 私がシルエットリフトの施術を行うときには、必ずこの干渉を意識し、干渉する場所のコーンを取り除きます。もちろんコーンの数が少ないとリフトアップ効果も少なくなりますので、どれだけのコーンを取り除くかを適切に決めることが重要です。

 もうひとつのコツは、糸の長さをどのあたりまで残すかの判断です。

 通常のシルエットリフトでは、片方で4本の糸を使います。しかし患者さまの状態によっては、より多くの糸を使うケースもあります。その時、口角のラインよりも下へ糸を通してしまうと、口が開きにくくなってしまいます。このような状態を避けるため、片側6本以上の糸を入れる場合でも、糸を入れる場所は口角のラインを下限とするのです。

B

 最近ではシルエットリフトを行うクリニックも増えてきており、実際に施術を受けた方の中には「シルエットリフトは効かない」とおっしゃる方も少なくないようです。しかし私に言わせていただければ、効果のないシルエットリフトは、ドクターが施術のコツをつかんでいないからです。

 コツをしっかりつかんでいれば、シルエットリフトは大きな効果を発揮します。私の経験では、フェザーリフト(糸を使用するフェースリフト)の中で最も効果的な施術だと思います。



posted by コムロ美容外科 at 16:00 | フェイスリフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。