2010年03月09日

パワーポール(陰茎増大)施術方法

 今回は、前回ご紹介したパワーボールの施術方法を説明します。

 まず最初に行うのが、パワーポールを使用可能な状態にすることです。前回述べたように、施術前日から50%エタノール溶液をパワーポールに浸透させ、施術当日に抗生物質を添加した生理食塩水で洗浄します。

 パワーポールの準備を終わらせた上で、患者さまの陰茎の先端近くを環状に切開し、包皮を陰茎の根元まで剥離します。もともとのパワーポールは、内径2センチ、外径3センチ、長さ7センチの筒状の形をしていますが、これを包皮を剥離した陰茎のサイズに合わせてカットします。

Dsc_0040_2

次に包皮を剥離した陰茎にサイズ調整したパワーポールを設置し、包皮を縫合します。施術自体は難しいものではなく、だいたい1時間で完了します。

以下のイラストは、この手順をまとめたものです。

Photo

 縫合は吸収糸を使いますので、抜糸は必要ありません。施術後の入院や通院も不要です。またパワーポール自体は時間と共に分解・吸収され、代謝によって水と二酸化炭素になり体外に放出されます。その後は患者さまご自身の組織に置き換わってしまうので、異物はまったく残りません。

 ソウル大学臨床病理研究所で行われた臨床試験結果によれば、異常所見は全く認められませんでした。非常に安全性が高い施術だといえます。また陰茎周囲が術後1センチ以上増加した場合を「有効」と判定する評価でも、韓国臨床結果では88%以上の有効率を実現し、ヨーロッパ秘尿器科学会では陰茎周囲が平均3.15cmの増加が報告されています。

 実際に施術前後の写真を見ていただければ、効果のほどがはっきりとわかるはずです。下の写真は左が施術前、右が施術後なのですが、確実に太く、大きくなっています。

Uri09_2

 また形状が安定していることも大きな特長です。下の写真は脂肪注入による陰茎増大を行ったケースですが、脂肪注入は変形しやすいことがわかります。上の写真と比較してみてください。

Dsc01996

 このようにパワーポールは、最も効果の高い陰茎増大法だといえます。コムロ美容形成クリニックではパワーポールの他に、脂肪注入法やフィラー法もご用意していますが、やはり一番おすすめなのはパワーポール法です。もし私自身が陰茎増大を行う場合でも、間違いなくパワーポールを選ぶでしょう。

 前回も申し上げましたが、日本でパワーポールを扱えるのはコムロ美容形成クリニックだけです。確実な陰茎増大効果ときれいな仕上がりをお望みであれば、ぜひ一度私どもにご相談ください。



posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 男性泌尿器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。