2010年09月14日

肩こりの治療法、間違っていませんか?

 肩こりに悩んでいる方は多いようですね。週刊誌や新聞でも、肩こりに悩んでいる芸能人が専門家に"悩み相談"をするという記事をよく見かけます。その回 答の多くはストレッチやツボ押し、マッサージ、温浴治療等ですが、はっきり申し上げてこれらの対処方法で、肩こりを治すことはできません。一時的に"楽に なったような気がする"かもしれませんが、根本的な治療ではないのです。

 以前にもこのブログで申し上げたように、肩こりの最大の原因は眼瞼下垂です。眼瞼下垂とは上まぶたがあがりにくくなり、垂れ下がってしまう症状のことです。

 眼瞼下垂は上まぶたを引っ張り上げる眼瞼挙筋の萎縮で起きるのですが、この状態でまぶたを開けようとすると、眼瞼挙筋のかわりに額の筋肉がまぶたを引っ張り上げようとします。これに伴い頭の後ろ側の筋肉に負担がかかり、後頭部から首の筋肉、肩の筋肉も硬直します。これが慢性的な肩こりにつながっているのです。

 肩こりそのものも辛いですが、それ以上に怖いのが、肩こりが身体の他の部分にも影響を与えてしまうことです。慢性的な肩こりに悩んでいる方は、肩が前方に移動し、猫背になりやすくなります。また猫背の姿勢が続くことで腰にも負担がかかり、腰痛や腰部椎間板ヘルニアにもなりやすくなります。肩こりに悩んでいるのであれば、できるだけ早く根本的な原因である眼瞼下垂を治すべきです。

 眼瞼下垂の治療は手術しか方法がありませんが、手術内容はそれほど難しいものではありません。経験を積んだ美容外科のドクターであれば、傷痕もほとんど目立たず手術を終えることができます。

 またこの治療は肩こりだけではなく、額のしわを軽減するという効果もあります。眼瞼下垂は額の筋肉でまぶたをあげようとするため、どうしても額にしわが寄りやすくなるのですが、このような症状も解消されるからです。

 眼瞼下垂の治療には他にもいくつかのメリットがあるのですが、今回新たに眼瞼下垂のまとめサイトを作っておきましたので、詳しくはこちらをご参照ください。

http://www.566mens.jp/gankenkasui/

 このサイトには自己診断のためのチェックポイントも用意しております。肩こりに悩んでいる方はぜひ一度、この自己診断法をお試しください。

 なお以下のサイトには、眼瞼下垂の治療を受けられた方の体験レポートを掲載してあります。興味のある方はこちらも目を通されることをお薦めします。

http://www.566566.jp/eye/index13.html

 世の中には現在でも、間違った健康情報や治療法が数多く流布されているようです。このようなものに惑わされてしまうと、結果的に無駄な時間や出費を強いられることになります。まずは根本的な原因を把握して、それにきちんと対処すること。このような姿勢が必要なのではないでしょうか。



posted by コムロ美容外科 at 16:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。