2011年03月15日

フラーレン+EGF=ERENE(1)

 1ヶ月ほど前の2月10日、名古屋で講演を行う機会がありました。テーマは「ERENE(エレーネ)ビューティミストローション」。新しい化粧水について解説したのです。

11 この化粧水は「SHARLA KAE(シャーラケイ) International LLC」という会社が販売しているもので、実に画期的なものです。この化粧水にはフラーレンとEGF(上皮細胞性成長因子)の両方が配合されているのです。この2つを組み合わせることで、大きな相乗効果が得られます。どちらか一方を配合した化粧品はこれまでにもありましたが、両方配合したものはこれが初めてのはずです。

 私がこの会社とERENEのことを最初に知ったのは、昨年(2010年)11月のことでした。知人の紹介で「会社の特別顧問になってくれないか」という打診が来たのです。私は化粧品の専門家ではありませんが、これまでにも「ドクターズコスメ」という名称でいくつかの化粧品を手がけたことがあるので、まったくの素人というわけでもありません。化粧品の開発・製造にはけっこう費用がかかるため、現在ではドクターズコスメから手を引いていますが、当時はかなり高い評価を受けていました。

 この話を伺ったときまず考えたのは「いい化粧水ならまず自分で使ってみたい」ということでした。私自身これまで、様々な化粧水を使ってきた経験があります。もしこれまで使ってきたものに比べて高い効果を感じられるのであれば、特別顧問になってもいいと思ったのです。

 そこで昨年末から年明けにかけて、約1ヶ月間使い続けてみました。その結果「これは素晴らしい効果がある」と実感しました。

 まず最初に感じたのは肌の潤い感が増したことです。これは使い始めて1週間ではっきりと感じました。次に肌のシミが目立たなくなり、小じわも軽減しました。また成長因子の効果でしょう、ターンオーバーが早くなった感じもありました。足の裏ががさついている人に使ってもらって見たところ、がさつきがなくなっていくという効果も見られました。

 下の写真は効果の一例です。向かって左側の足(本人にとっては右足)にERENEを使い、比較対照のため向かって右側の足(本人にとっては左足)はそのままにしていただきました。はっきりとした効果が見て取れると思います。

12

 良心的な価格設定もERENEの魅力です。

 化粧品の価格設定は、原価率を1%程度にするのが一般的です。たとえば1万円の化粧品であれば、その原価は100円程度です。それに対してERENEは、原価率が極めて高いのです。1本50ccの価格は1万2600円。1日3回使う場合でも、50ccで約1ヶ月間保たせることができます。

 この価格でこれだけの効果があるなら、ぜひ多くの方に使って欲しい。私はそう考えて特別顧問を引き受けることにしました。そして冒頭の講演を行うことになったのです。

 講演の持ち時間は30分だったのですが、聞いてくださる方々にぜひきちんと理解していただきたいという気持ちが強かったせいか、実際の講演時間は1時間に延びてしまいました。ちょっと申し訳なかったかな、とも思いましたが、ERENEの本質はお伝えできたはずです。

 それではERENEに配合されているフラーレンとEGFとは、いったいどのようなものなのでしょうか。次回以降3回に分けて、じっくりご説明したいと思います。


posted by コムロ美容外科 at 16:00 | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。