2011年07月12日

眼瞼下垂セミナーをやりました。(1)

 6月26日(日)に、眼瞼下垂セミナーを行いました。

11 会場は別府国際コンベンションセンター、通称「B-ConPlaza」です。一流アーティストもコンサートを行う、大分県ではよく知られたコンベンションセンターです。

12


 開催時間は午前10時〜12時の2時間。タイムテーブルは以下の通りです。

10:00 眼瞼下垂セミナー
10:40 エレーネ紹介
11:00 コーヒーブレーク
11:10 リポ・スフェリックビタミンC紹介
11:25 水素水紹介
11:35 眼瞼下垂手術体験談
11:45 質疑応答
12:00 終了

 メインは眼瞼下垂ですが、その他にもアンチエイジングに関連する複数の話題を盛り込んでいます。

 私たちが会場に入ったのは午前9時。部屋の隅に机や椅子が積み上げられており、まずはこれらをセッティングしていきます。コーヒーブレイク時に部屋の一部をホワイトボードで仕切り、体験コーナーのスペースを確保しておかなければなりません。ここで眼瞼下垂の有無を確認していただくことになります。

 スタート時刻の10時に近づくと、お客さまがぱらぱらと入ってきます。年齢構成はほとんどが40歳代以上、男性も少なくありません。眼瞼下垂による頭痛、肩こり、猫背、腰痛の悩みは男女を問わず、中年以上の方に多いことがわかります。

 実は今回のセミナーに関しては、本当にお客さまがいらっしゃるのか不安でなりませんでした。美容整形に関するセミナーはこれまで何度か行ったことがありますが、それらのテーマの多くはバストに関するもので、眼瞼下垂に関するセミナーは今回が初めてです。

 告知期間が短かったことも不安材料のひとつです。セミナー告知はフリーペーパーのみで、新聞は使いませんでした。さらに当日は雨。これも不安に拍車をかけます。30〜50名入れる会議室を確保し、定員を30名に設定しましたが、本当に会場は埋まるのでしょうか。

 この不安に反し、最終的な参加者数は26名に上りました。この手のセミナーとしては、まずまずの入りです。ひとまずはホッとしました。


posted by コムロ美容外科 at 16:00 | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。