2011年08月18日

ムン・スンホ先生が来日しました。

 去る7月8日、男性専門クリニックである韓国「Mediforman」のムン・スンホ先生が、コムロ美容形成クリニック宮崎院にいらっしゃいました。前回のご来訪は2010年3月だったので、1年5ヶ月ぶりとなります。

Dscn0480

 今回の目的は、ムン先生が開発した新しい施術を、日本の患者さまに施していただくことです。きっかけは、私が4月1日に韓国「Mediforman」を訪問したことです。この時ムン先生の新しい施術を教えていただいたのですが、ぜひ日本でもその施術を広めたいと申し出たのです。

 今回教えていただいたムン先生の新しい施術は3種類あります。

 まず第1は、ジェル状の液体を使用した亀頭増大術です。これまでの亀頭増大術は、コラーゲンやヒアルロン酸を注入する方法と、脂肪注入が一般的でした。前者は手軽に行えますが、持続性に乏しいという問題があります。後者は持続性は高いのですが、患者さまの脂肪を取り出す必要があるため、メスを使った施術が必要になります。ムン先生の新しい施術は、メスを使う必要がなく、コラーゲンやヒアルロン酸よりも高い持続性を発揮します。一度注入すれば5〜6年、場合によっては10年は持続するといいます。

Gazou_001

 第2はシート状のインプラントを使用した陰茎増大術です。ムン先生はこれまでにも「パワーポール」を開発していますが、パワーポールは定着までに2〜3ヶ月必要です。これに対し、このシート状のインプラントは1ヶ月で定着するという特長があります。ただし増大可能な太さは、パワーポールの半分程度です。手軽に陰茎増大を行いたい場合に適しています。

 第3はジェル状の液体を注入することによる陰茎増大術です。亀頭増大に使用するジェルよりも分子量の大きいものを使用します。注入すると5〜6年は増大効果が持続します。これも手軽に陰茎増大できる施術だといえます。

 今回のムン先生ご来訪では、これらの施術を実際にご体験いただくため、1ヶ月前から雑誌でモニター募集を行っています。この短期間のあいだに5名の方が応募してくださいました。そのうち3名は過去に同様の施術を受けたことがある方、残りの2名は初めて施術を受ける方です。

 下の写真は施術の様子です。

Dscn0462

 1日で5件の施術を行ってくださいました。さすがはムン先生です。

 夜は宮崎牛のステーキで知られている「アンガス」で食事会。ムン先生とスタッフの皆さまに、宮崎牛を愉しんでいただきました。

Dscn0481


 海外のドクターとこのような形で交流を行うことで、最先端の施術を目の当たりにすることができます。またそれだけではなく、新しい施術を日本に広めることにもつながります。これからも年に数回のペースでムン先生に来日していただき、施術を行っていただく予定になっています。


posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 男性泌尿器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。