2011年10月11日

美しい鼻を作るには(1)

 今回からしばらくの間、鼻の美容整形についてお話ししたいと思います。

 顔が美しく見えるか否かを決定する要素は、目の形や輪郭、口唇、頬のたるみやほうれい線など、様々なものがありますが、鼻も非常に大きな要素だといえます。鼻の形にコンプレックスをお持ちの方も、決して少なくありません。

 特に日本人を含む東洋人の鼻は、世界的に見て独特の形を持っているといえます。まず鼻全体が低く、丸みを帯びている傾向があります。また鼻自体が西欧人に比べて小さいのも特徴的です。私たち日本人は、いわゆる"彫りの深い顔"に美しさを感じる傾向があるようですが、彫りの深さも鼻の形状によるところが大きいといえます。

 それでは鼻の形には、実際にどのようなものがあるのでしょうか。大まかに分類していくと、次のようなものが挙げられます。

(a)ギリシャ鼻
 古代ギリシャの彫刻のように、直線的な鼻筋が額からそのままつながっている形状です。古代ギリシャ時代の理想的な鼻の形と言われていますが、現代の西洋人にはあまりみられません。

(b)ローマ鼻
 ローマ彫刻によく見られる形で、鼻筋が直線的なのはギリシャ鼻と同じですが、目頭のあたりの鼻根部分がくぼんでいる点が異なります。西洋人や日本人の一部に見られ、いわゆる"鼻筋の通った人"の鼻の形です。

(c)段鼻
 鼻根(目頭あたりの鼻の付け根の部分)の形状はローマ鼻と同じですが、途中で鼻筋が下方向に折れ曲がり、段ができています。西洋人に多い形状です。

(d)鷲鼻
 段鼻と似ていますが、鼻筋が途中で折れ曲がるのではなく、鷲のくちばしのように下方向に湾曲しています。魔女のような印象を与える鼻の形だといえます。

(e)ユダヤ鼻
 段鼻に加え、鼻の先が下方向に突出し、垂れたようになっており、長い鼻といった印象を与えます。

(f)団子鼻
 鼻の先の部分がとがっておらず、丸く大きくなっています。日本人によく見られます。

(g)アップノーズ
 鼻の先端が上を向いています。これも日本人によく見られます。

 この他にも、小鼻の形状や鼻の穴の大きさ等を加えていけば、様々な鼻の形があります。鼻の形は千差万別であり、それぞれが見る人に異なる印象を与えるのです。

 一般に鼻の理想型と言われるのは、西洋人によく見られるローマ鼻です。それでは西洋人のように鼻を高くして先をとがらせれば、美しくなれるのでしょうか。そのようなことはありません。美しく見える鼻の形というものは、鼻だけで評価すべきものではないからです。

 鼻の形状が美しく見えるか否かは、顔全体のバランスで決まります。次回は美しい鼻とはどのようなものか、もっと具体的に見ていきたいと思います。
posted by コムロ美容外科 at 00:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする