2013年02月26日

ビューティークリニック コダマで講演を行いました。

 去る2月5日に、ビューティークリニック コダマで講演を行いました。ここは宮崎県・鹿児島県に合計12店舗を展開しており、年間6万人もの方が来店するエステティックサロン。すでに33年の歴史を持つ、地元に密着した老舗サロンです。

 私が今回講演を行うきっかけになったのは、美容外科医の原田先生から昨年11月にお電話をいただいたことでした。原田先生は以前コムロ美容形成クリニックのドクターだったのですが、現在は主に名古屋で活躍されており、ビューティークリニック コダマでの美容点滴の担当もされています。彼によれば、ビューティークリニック コダマに来店されるお客様の中に美容整形を希望される方が増えているため、美容外科医との業務提携を検討されているとのこと。そこで「ぜひ小室先生を紹介したいのですが、どうすればいいでしょうか」というお話でした。

 このお話を受け、昨年12月にはコダマさんのスタッフと会食をして話を詰め、業務提携することに決定。まずは月に1回行われている店長会議の中で、美容整形に対する理解を深めていただくための講演を行うことになったのです。

P01.jpg

 講演は朝11時からスタート。コムロ美容形成クリニックからもスタッフを5名連れて行き、最初の30分間で私からの説明、次の30分間で質疑応答という構成で進めていきました。タイトルは「美容整形の世界」ということにしましたが、主に目に関する施術についてお話をさせていただきました。

 まず最初に二重まぶたに関する施術を紹介。埋没法、マイクロカット法、小切開法を説明しました。続けて、上眼瞼陥凹修正、目頭切開、下眼瞼脱脂、下眼瞼切開へと話を進めていきました。下眼瞼脱脂のところでは、会場がいちだんと盛り上がりました。下眼瞼のたるみで悩んでいる方は、やはり多いようです。

 さらに眼瞼下垂についても話をしました。これが肩こりや猫背、腰痛、腰部椎間板ヘルニアなどの原因になっていると指摘した時には、会場から驚きの声が上がりました。またこれまでにも何度かご紹介した医療用クリップを使った実験にも、何名かの方に参加していただきましたが、実際に体験した方はその効果にも驚いていました。他の人から「姿勢が良くなった」と言われた方もいらっしゃいました。

 この写真は上まぶたにクリップを付けて、上眼瞼を引き上げているところ。
P02.jpg

 こちらはその状態で肩を上げていただき、肩が楽に動くことを体感していただいているところです。
P03.jpg

 それからこれは、他の方に体験していただいているところです。見ている方々も、興味津々といった感じです。
P04.jpg

 皆さん本当に真剣で、質疑応答でも数多くの質問をいただきました。その多くは眼瞼下垂に関する内容でした。様々な症状が眼瞼下垂で生じていることや、それが手術で治せることを、ご存じない方はまだまだ多いようです。

 これまではエステティックサロンと美容整形の間には、大きな壁があったと思います。しかしお客様にとっては、どちらも美しくなるための手段に過ぎません。お互いに歩み寄って、より良い提案ができる仕組みを作ることは、これからの重要課題になると感じています。その意味でも今回の講演は、大きな意義があったと思います。

 今後もビューティークリニック コダマとの連携を深めながら、このような取り組みを進めていきたいと考えています。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 交流活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする