2013年12月10日

「ワキガ・多汗症」(前編)〜「Dr.コムロのビューティ・美・トーク」2013年12月放送内容から

今月もまた「Dr.コムロのビューティ・美・トーク」の放送内容をお送りします。今回のテーマは「ワキガ・多汗症」です。番組内コーナーの「ゆかりんの美容コンシェルジュ」では、基本的な眉毛の描き方もご紹介しています。

01.jpg

夏目:みなさん、「ドクターコムロのビューティ・美・トーク」をご覧いただきありがとうございます。パーソナリティの夏目愛です。今年も残すところあとわずかとなりましたね。今回はワキガ・多汗症についてお話を伺います。先生をご紹介しましょう。コムロ美容外科 大分院院長の小室好一先生です。よろしくお願いします。

コムロ:よろしくお願いします。

夏目:先生、以前もワキガ・多汗症についてはお話しを伺ったことがあるのですが、寒い時期のワキガ・多汗症というのは、何か暑いときとは違うところがあるのでしょうか。

コムロ:はい、冬はけっこう着込むので通気性が悪くなります。そのため汗や臭いがこもりやすいのです。

夏目:しかも室内だとエアコンをかけたりしますしね。

コムロ:そうです。ワキガというのは一年中注意しないといけないと思います。

夏目:夏とか冬とか、関係ないんですね。具体的なワキガの原因というのは、どんなところにあるのでしょうか。

コムロ:3つの原因があります。まず第1に、ワキガは優性遺伝です。ご両親にワキガ体質がありますと、その子供達にも遺伝します。

02.jpg

コムロ:しかし最近では現代病と言いますか、両親がワキガでなくても、ストレス等でワキガや多汗症になるケースが増えています。

夏目:ストレスで発生することもあるんですか。それでは誰にでも起こりうるということなんですね。

コムロ:そうです。遺伝とストレス、それから食生活、特に乳製品の摂取で発生することが多いようです。

夏目:牛乳とかチーズとか。

コムロ:そうですね。こういうものをたくさん摂っていると、汗腺が発達して、汗をかきやすくなります。こちらのフリップを見ていただきましょう。

03.jpg

コムロ:ワキガの人にはエクリン腺とアポクリン腺があります。エクリン腺は発汗を司り、アポクリン腺は臭いを出します。この2つの腺を退治すれば臭いはなくなります。入浴後の脇の下はさらさらしていますが、時間が経つとエクリン腺とアポクリン腺から分泌物が同時に出てきてジメジメしてきます。さらに時間が経つとそこに細菌が繁殖し、これが臭いの元になるのです。

夏目:ワキガの方は自分では気がつかないというお話も、たまに聞きますが・・・

コムロ:そうですね。でもデオドラントを使用する方の場合には、自覚されているケースも多いと思います。実はワキガ・多汗症チェック表というのがあるのですが・・・

04.jpg

夏目:1番、耳アカが柔らかく湿っている。2番、汗と多くかくと白いブラウスに黄ばみが残る。3番、緊張したり興奮したりすると汗をかきやすい。4番、体毛が濃いと思う。5番、肉類や乳製品が好きである。6番、シャワー後2〜3時間で体臭が気になる。7番、家族にワキガの人がいる。8番、他人からニオイがキツイと言われたことがある。9番、自分で自分のニオイがわかる。10番、他人のニオイに神経質な方である。この中で「大いにある」場合が3点、「少しある」場合が2点、「あまりない」場合が1点、「ない」場合が0点、ということで判断していただくと言うことですね。

コムロ:そうです。ありがとうございます。だいたい日本人の10人に1人は臭うそうです。

夏目:そんなに多いんですか。

コムロ:はい、ここには体臭だけではなく、口臭も含まれていますが・・・。それからワキガの人が香水をつけてしまうと、臭いが混ざり合って異様な臭いがすることもあります。

夏目:せっかくいい匂いの香水が・・・

コムロ:そうです。香水ではなくて普通に汗を抑えるものを使った方が、それなりに抑えられます。ワキガの方には、香水は良くありませんね。

05.jpg

コムロ:さて、先ほどの10問のチェックの判定ですが、みなさんいかがだったでしょうか。あまり気にならなければ制汗剤でもいいと思いますが、他人に対するエチケットですので、十分注意された方がいいのではないかと思います。

夏目:それでは後半では治療について伺っていきたいと思いますが、ここで「ゆかりんの美容コンシェルジュ」をご覧ください。


「ゆかりんの美容コンシェルジュ」

06.jpg

中尾由香里さん(ゆかりん):みなさん、前回のまつげパーマ、いかがでしたか?なんとこの間、嬉しいことがあったんですよ。先日化粧品屋さんに行ったんですけど、スタッフさんに「まつげがきれいに上がっていてうらやましいです」と言われました。

コムロ美容外科・高田美鈴さん(高田):今回は基本の眉毛の書き方の勉強をしましょうか。

ゆかりん:よろしくお願いします。

高田:まず小鼻のラインと目頭のラインをまっすぐつないでください。眉毛のいちばん始まりの下のラインになります。ここに印を付けますね。

07.jpg

高田:次に鼻の内側、穴のラインの外のラインを上にまっすぐ伸ばします。ここが眉毛の始まりの上のラインになります。

08.jpg

高田:そして小鼻の端から目尻のラインをつなげます。その延長にある線と眉上を結んだ線が交わるところに印を付けます。

09.jpg

高田:今度は眉山の位置ですが、これは目を4等分したときの外側の4分の1のところになります。この4点を結ぶと基本的な眉のラインになります。

10.jpg

ゆかりん:おお〜!ぜんぜん違います。すご〜い、できる女になっちゃいました。こんなに変わるなんてびっくりです。

11.jpg

高田:そうですね。いままでの眉毛でも十分だったんですが、さらにゆかりんのいいところを引き出せていると思います。

ゆかりん:ありがとうございます。すごく嬉しいです。いままでなんだかしっくり来なかった眉毛が、これからは自信を持って描けるようになると思います。

高田:では次回は、いろいろなバリエーションを体験していきましょう。

ゆかりん:よろしくお願いします。

(次回に続きます)
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | メディア出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする