2014年09月09日

顔の輪郭とその修正〜「Dr.コムロのビューティ・美・トーク」2014年8月の放送内容から

 2014年8月に放送された「Dr.コムロのビューティ・美・トーク」の内容をお届けします。テーマは「顔の輪郭とその修正」です。放送時間が約30分と長いので、今回はダイジェスト版でお送りします。

01.jpg

 輪郭には5種類あります。丸型、三角型、卵型、四角型、そして逆三角形型です。

02.jpg

 丸型は太っている方によく見られます。夏目さんはご自身を丸型だと認識されているようです。三角形型はエラが張っている人に多い形です。卵型は最も好まれる形。四角型は顔が大きく見えます。そして逆三角形型ですが、最近流行っている小顔にしたいのであれば、この形が最も小顔に見えます。

 主な輪郭改善手術は3種類あります。

03.jpg

 もともと骨が問題になっている方は骨切り・骨削りを行います。頬がむくんでいる状態や二重あごの場合は脂肪を取ります。それからプロテーゼ挿入術は、鼻やこめかみ、アゴなどで行います。

 まずはエラの部分の骨切り手術です。エラの部分を下顎角といいますが、エラが張っているというのは、この下顎角が張り出ている状態です。これで顔が大きく見えてしまいます。この場合は下顎角の一部を切り、さらに削っていきます。

04.jpg

 以前は顔の外側を切開して施術していましたが、今は口の中からアプローチするのが一般的です。こうすることで筋肉や神経、血管に触れることなく施術でき、施術痕も目立ちません。施術時間は左右両方で1時間から1時間半。麻酔は全身麻酔です。しかし最近の麻酔は、麻酔を切るとすぐに目が覚めますので、日帰り手術が可能です。

手術後は粘膜を溶ける糸で縫合します。この糸は2〜3週間で自然に溶けていきます。手術後は少しだけ腫れますが、それほど目立ちません。削った分だけ腫れて膨らむという感じなので、その後自然に痩せていったように見えます。

 エラの張りの解消としては、エラにボトックスを入れる方法もあります。エラが張っている人は噛む筋肉が発達していることが多いのですが、この筋肉にボトックスを入れると筋肉が萎縮し、エラが目立たなくなります。しかしボトックスは4〜6ヶ月で元に戻ってしまうので、1年に2〜3回注射しなければなりません。また骨の形はそのままなので、それほどの効果は期待できません。

 下の2つの写真は施術例です。頬の部分がスッキリしていることがわかります。この変化には、夏目さんも驚いていました。

05.jpg

06.jpg

 これは斜めから見たところです。アゴのラインがシャープできれいですね。

07.jpg

 次は頬の修正です。頬には前面と側面があります。前面の修正は骨を削るのですが、側面は内側が空洞なので骨が薄くなっています。これを削ると頬を支える骨がなくなってしまいます。そのため側面の骨を修正する場合には、骨の両側を切断し、骨の位置を内側にずらします。骨に対するアプローチは、口の中と耳側の2箇所から行います。

08.jpg

 下は施術例です。頬骨が出ていると口の周りがこけたように見えますが、これを修正することで、より女性らしい表情になります。これとは逆に、こけたように見える部分に脂肪を注入するクリニックもありますが、そうすると顔が大きく見えてしまうので、やはり頬骨の修正の方がいいと思います。

09.jpg

 アゴが出ている場合には、アゴの骨を削ることで卵型になります。アプローチは口の中から行います。アゴの大きい人はアゴの先端だけではなく、両サイドも出ていることが多いので、先端だけではなく両サイドも削ります。しかし骨の中にある髄質のところまで削ってしまうと骨吸収という作用が起こり、骨が溶けていきます。削る量が多いケースでは、先端を削るのではなく中抜きを行います。アゴの骨の先端よりも内側を切断して削り、上下をつなぎ合わせることで、骨吸収を回避しながらアゴの長さを短くできます。

10.jpg

 こちらは施術例です。アゴが出ていましたが、それを小さくしています。アゴが目立たなくなることで、顔立ちの美しさが際立つようになります。

11.jpg

 下はうけ口のケースです。口元の印象がかなり変わります。

12.jpg

 うけ口は下アゴの骨全体が前に出ているので、先端を削るだけでは解消しません。この場合は前から4番目の歯を抜き、できた隙間に合わせて骨を切り、後ろへと移動させます。この手術も数時間で行えます。

 最後に、脂肪吸引による小顔効果の例です。

13.jpg

 この方はほうれい線とマリオネットラインが目立ちますが、これは頬の脂肪が多く、口元との段差ができているからです。この場合には耳たぶの裏側を2ミリ程切開し、そこから脂肪を吸引します。施術は20〜30分位、麻酔は局所麻酔です。

 この方は頬の下が出ています。この脂肪を取ることで、痩せて見えます。

14.jpg

 脂肪吸引は若ければ若いほど効果的です。40歳位までなら肌に弾力性があるので、脂肪をとった後のお肌にきちんと張りが戻ってくるからです。高齢になるとお肌の弾力性が弱くなり、せっかく脂肪を取ってもたるんでしまう可能性があります。骨の修正はいつでも大丈夫ですが、脂肪吸引は早ければ早いほどいいでしょう。もちろん脂肪吸引と一緒にフェイスリフトを行えば、高齢の場合でもたるみを避けることができます。

 顔の形の修正にはこのように、目的や施術場所によって複数の方法があります。もしお悩みであればぜひ、確かな腕を持ったドクターにご相談ください。


posted by コムロ美容外科 at 16:00 | メディア出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。