2014年11月11日

テレビ東京「ヨソで言わんとい亭」放送されました。

 11月6日の深夜、私を含む4人の美容整形医が出演する「ヨソで言わんとい亭」が放送されました。今回はその内容を、かいつまんでご紹介します。サブタイトルは「超有名"美容整形医"が大集合!衝撃すぎる(裏)整形の実態」。かなりセンセーショナルですね。

2-01.jpg

 番組は、ネプチューンの名倉さんや次長課長の河本さん、他の出演者の方々がビールで乾杯しているシーンから始まります。そこに私たち4人の美容整形医が到着する、という設定です。

2-02.jpg

2-03.jpg

2-04.jpg

 この後しばらく河本さんが、ゲストの手島優さんと今井メロさんをいじります。今井さんは約300万円かけて整形しているということで、この話でひとしきり盛り上がりました。そしていよいよ本題へ。まずは「整形都市伝説!ウソ?ホント?」です。

2-05.jpg

 最初のお話は「整形すると空港の金属探知機に反応するか?」。これに対する回答は、私が担当しました。まずは回答者である私の紹介が行われます。キャッチコピーは「高度な外科医療に従事してきた経験を活かし活躍する"整形界の革命児"」。ちょっと照れますが、こう言われるのは嬉しいですね。

2-06.jpg

 では整形している人は、金属探知機に反応するのでしょうか。実は整形で使用する金属の量は非常に少ないので、反応しません。フェイスアップ等で使用する金の糸も反応しないのです。整形のために顔にチタンを入れている今井さんは、空港のセキュリティゲートにひっかかったことがあり、一瞬整形のせいかと思ったということですが、実は金属のベルトが反応しただけだったそうです。

2-07.jpg

 この他にも「バストアップした胸はブラックライトで光るのか?」「芸能人の(秘)整形事情」「身分を隠して整形するひとは犯罪者の可能性もある!」といった話も飛び出してきました。
 次のテーマは「無理難題を突きつけられた 衝撃!無茶振り整形の実態」です。

2-08.jpg

 ここで私は「犬と同じように目を小さくして欲しい」という方の話を紹介させていただきました。

2-09.jpg

 非常に珍しいご依頼であり、本当にそのような施術をしてもいいのか判断に苦しんだため、最初は施術をお断りしました。しかしその後1〜2週間経ってからご主人からお電話で「女房の夢を叶えて欲しい」という話を頂いたのです。これはご主人を説得したほうがいいのではないかと考え、奥さんと一緒に来ていただきました。その時ご主人から「お願いします」と言われたため、施術を行うことにしました。
 施術内容は、目尻側をV字にカットしてY字に縫合する「V-Y形成術」で目の横幅を短くするというもので、これによって犬のように"黒目しか見えない目"にします。施術後の目を見たご主人は、ホッとしたように「ありがとうございました」、奥さんも鏡を見て「満足しました」とおっしゃってくださいました。

2-10.jpg

 この他には、南雲先生がお話した「おっぱいを3つにして欲しい」という依頼(実際に施術はしなかったそうです)、高須先生の「漫画のキャラクターと同じ目にして欲しい」という依頼(実はこういうご依頼は私のところでも少なくありません)も紹介されました。
 さらに「整形のプロだから知る!整形している人の見分け方」というテーマでもトークしました。ここでは南雲先生の「シリコンを入れた胸に懐中電灯を当てるとぼんぼりのように光る」というお話で盛り上がりました。南雲先生はほんとうに、お話が上手な方ですね。他にも高須先生が「鼻の整形に使われるプロテーゼが透けて見えるケース」、半田先生が「一昔前の整形の問題」についてお話しました。

2-11.jpg

 他にも高須先生がご自身に行っている整形の話や、医師免許を持たない"闇整形"の危険性、悪質な海外整形ツアーの話、整形を繰り返す"整形依存症"の話、やるせなすの石井康太さんが体験した包茎手術の話等が紹介されました。
 収録中はかなり場が盛り上がり、様々な話がどんどん飛び出してきたため、これで本当にまとまるのかと思っていましたが、やはりそこはプロの技、見事な編集でわかりやすい番組に仕上がっています。
 どの分野でもやはり、担当する方のセンスや技術力というものが大切なのだと、放送内容を見て改めて感じました。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | メディア出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする