2016年03月08日

アクアフィリング豊胸

 今回は「アクアフィリング豊胸」という豊胸術を紹介します。これは2015年6月に美容外科学会で発表された、注射器だけで行える手軽な施術です。コムロ美容外科でも2015年7月から取り入れています。
 この施術では「アクアフィリング」というものを、乳腺と胸筋の間に注射器で注入します。アクアフィリングは98%の水と、2%のポリアミドで構成されています。ほとんどが水分であるため安全な上、注入後は体内の組織と水素結合してよく馴染みます。
 豊胸のプチ整形としては以前からヒアルロン酸注入がありましたが、これをさらに進化させた施術だと言えます。ヒアルロン酸注入では乳房組織と薬剤の間に厚い膜ができ、若干の硬さを感じることがありますが、アクアフィリングは自然な柔らかさを実現できます。また持続期間もヒアルロン酸注入に比べ、3〜5倍長くなります。施術後に医療機関で乳がん検診を受けることもできますし、授乳も可能です。
 施術の流れは以下の通りです。

1.カウンセリング
 まず医師が患者様のご要望を伺い、術前術後のモニター写真を見ながら、ご希望のサイズを決めていただきます。

2.デザイン
 バスト下のラインに注入部位のマーキングを行います。

3.麻酔
 局所麻酔の他に、静脈麻酔を併用します。これによって痛みをほとんど感じることなく、ウトウトした状態で施術を受けられます。最小限の麻酔で施術を行うため、施術後は1時間程度お休みいただくだけで、入院することなくお帰りいただけます。

4.アクアフィリングの注入
 マーキングしたラインから注射器を使って注入を行います。

5.バストチェック
 最後に鏡を見ながら、形と大きさを確認していただきます。もう少し大きくしたい場合には、その場でさらにアクアフィリングを追加注入することも可能です。

 施術時間は10〜20分程度。ダウンタイムはありません。とても手軽な施術ですが、これで約5年間持続します。
 豊胸術はこれまで、人工乳腺、脂肪注入、ヒアルロン酸注入、脂肪+PRP注入と、時代と共に進化してきました。すでに人工乳腺はあまり行われなくなり、今後はアクアフィリング注入がヒアルロン酸注入に取って代わることになるでしょう。
 しかし全ての豊胸術がアクアフィリング注入になるとは考えていません。脂肪+PRP注入は、アクアフィリングよりも大きなサイズを実現できる上、感触や形の自然さも遜色なく、効果は半永久的に続きます。しかもご自身の脂肪と血小板を使うので安全性も高く、脂肪吸引も同時に行えるので一石二鳥です。
 長期にわたってより大きな効果を得たいのであれば脂肪+PRP注入、短時間で手軽にバストアップしたいのであればアクアフィリング注入。このような使い分けがよろしいのではないかと考えています。
 なお注射器だけで行える手軽な施術ではありますが、バストの形を自然な形に整え、定着率を高めるには、高度な技術が必要です。必ず信頼できる医師にご相談されることをお薦めします。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | バスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

ピュアグラフト豊胸術

 前回「第6回 臨床形成皮膚医会」で講演をした話をしましたが、今回はそこで少しだけ触れた「ピュアグラフト豊胸術」について、簡単に説明したいと思います。

 豊胸術は大きく分けて、人工乳腺、脂肪注入、ヒアルロン酸注入の3種類があり、ここ数年は脂肪注入が主流になっています。その最大の理由は、脂肪細胞の定着率向上が挙げられます。例えばコムロ美容外科では7年程前から、PRP(血小板血漿)を脂肪と混ぜて注入する方法によって、定着率の飛躍的な向上を実現しています。ピュアグラフト豊胸術は、この脂肪注入の新たな施術方法です。

 その最大の特徴は、脂肪組織に含まれる不純物を取り除いてから注入する点にあります。実は脂肪吸引で採取した脂肪組織には、血液や死活細胞(活動していない細胞)、老化細胞、麻酔薬等、様々な不純物が含まれています。このままの状態で脂肪注入を行うと、しこりが生じやすくなり、定着率も低下してしまいます。ピュアグラフトはこの問題を解決するために開発された施術方法なのです。

 ピュアグラフト豊胸術では、患者さまから吸引した脂肪組織をまず、「ピュアグラフト」と呼ばれる器具に入れます。この器具には2種類のフィルターが組み込まれています。1つ目のフィルターで細胞と体液を分け、細胞のみを次のフィルターに渡します。そして2つ目のフィルターで脂肪細胞のみを取り出します。このように二重に濾過することで、不純物が取り除かれた、ほぼ純粋な脂肪細胞を得ることができるのです。しかも脂肪細胞を傷のついていない状態で取り出すことができ、生着率向上に欠かせない幹細胞も、きちんと残っています。

03.jpg

 ピュアグラフト豊胸術はすでに複数のクリニックで実施されていますが、コムロ美容外科ではさらに「プラスアルファ」の工夫をしています。それはPRPを混ぜて注入するということです。これによって定着率が、さらに向上するのです。

 このように豊胸術は、時代と共に進化を続けています。もちろんそのポテンシャルを引き出せるか否かは、施術を行うドクターの腕にかかっていることは、言うまでもありません。

 豊胸を考えているのであれば、ぜひ一度コムロ美容外科にご相談ください。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | バスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

再び見直されてきた人工乳腺

 前回は期間限定でバストアップする「ドリームバスト」をご紹介しましたが、今回は半永久的にバストアップ効果が持続する施術をご紹介します。

続きを読む
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | バスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

「ドリームバスト」始めました。

 2010年6月下旬から、新たに「ドリームバスト」という施術を始めました。これはヒアルロン酸を注入して胸を大きくする「プチ豊胸」の一種なのですが、従来の方法に比べて気軽に行える点が大きな特徴です。一般的なヒアルロン酸注入法よりも安い料金で行えるのです。

続きを読む
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | バスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

韓国訪問・幹細胞活用の新たな可能性

 みなさま、あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いします。

 さて新年最初のエントリーは、2009年12月の韓国訪問のお話をしたいと思います。韓国は美容先進国であり、数多くの方が美容整形を受けられています。そのため新しい施術が生まれることも多いので、私は機会があれば韓国の最新状況を確認するため、彼の地を訪れるようにしているのです。続きを読む
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | バスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。