2014年02月11日

大分「青い山脈」に参加しました。

 去る2月5日、「青い山脈」という会の新年会に参加しました。この「青い山脈」というのは大分の異業種交流会で、大分県内の経営者やビジネスオーナーの方々が集まり、大分を盛り上げていこうとしている会です。

 その新年会に参加することになった背景には、「女性大分」というコミュニティペーパーで、月一で美容やアンチエイジングに関するQ&Aのコーナーを担当しています。コムロ美容外科でこのQ&Aをサポートしているスタッフが、「女性大分」の担当者に誘われて昨年10月にこの会に参加したところ、非常にフレンドリーで素晴らしい話が聞けたそうなのです。また参加者の中にはアンチエイジングに興味を持っている方も多く、ぜひその分野に詳しい人も誘ってきて欲しいということで、「女性大分」からご招待いただいたというわけです。

 新年会はまず、熊谷宝子さんの「源氏物語への誘い」というお話から始まりました。熊谷さんは宮廷装束の伝統を受け継ぐ、衣紋道高倉流の京都道場会頭を務めている方。衣紋道とは簡単にいうと、日本古来の装束の着付け方法のことであり、高倉流と山科流という2つの流れがあるそうです。また熊谷さんは平成23年には映画「源氏物語」の所作指導も担当しており、所作や仕草、マナーにも詳しい方だということです。今回は源氏物語の世界を通じて、平安時代の装束や女性のたたずまいについてお話していただきました。これまで知らなかった世界を垣間見ることができて、少し視野が広がった気がしました。
 下の写真は熊谷さんとのツーショット写真です。

01.jpg

 熊谷さんのお話の後は、参加者全員の交流会です。1つのテーブルに8人くらいがついて、にぎやかな歓談が始まりました。前述のように経営者やビジネスオーナーが多いということもあり、参加者の年齢も高めのようです。私のことをよく知っている方も数名いらっしゃり、美容やアンチエイジングの話に花が咲きました。
 眼瞼下垂気味の方もいらっしゃったので、例の医療用クリップを使った眼瞼下垂改善の体験もしていただきました。実は私、眼瞼下垂治療の効果をできるだけ多くの方に知ってもらいたいので、いつもこの医療用クリップを持ち歩いているのです。

02.jpg

 最後は会の名前にちなんで「青い山脈」の合唱で締めくくりです。最初は少し恥ずかしいような気もしましたが、大きな声を出して大勢で歌うのは気持ちいいものですね。

03.jpg

 これまで知らなかった知識が得られて、新たな知り合いもでき、アンチエイジングや眼瞼下垂の話で盛り上がって、なかなか有意義な時間を過ごすことができました。関係者のみなさま、ありがとうございました。


posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 交流活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

プチ整形の実演を「eeフェスタ」で行いました。

 10月8日に大分の「パルス5」で開催された「第5回eeフェスタ」で講演を行いました。「eeフェスタ」とは「女性大分」が主宰する、「新しい発見と出会いを愉しむ」ことを目的とした女性のためのイベント。昨年10月の「第3回eeフェスタ」でも講演を行いましたが、それから約1年ぶりの参加となります。前回の講演時間は15分間でしたが、なかなか評判が良かったらしく、「今回は20分に延長します」というお話でご招待を受けました。
 今回のテーマは「女性活躍の未来を描こう」。私は、女性が手軽に美しくなれる「プチ整形」について、実演を交えながらお話をさせていただきました。

1-01.jpg

 プチ整形とはメスを使わない施術のことで、鼻筋や口唇、アゴなどの輪郭を変えたり、筋肉の動きを弱めてしわを改善する効果があります。

1-02.jpg

 また短時間ででき安価なので、手軽に施術を受けることができます。痛みがなく、術後の痛みや腫れがないのも大きな特徴です。その反面、永久性がないという側面もあります。

1-03.jpg

 皆さん興味津々という感じで私の話を聞いてくださいましたが、特にウケが良かったのがプチ整形の実演でした。今回実演したのは、口の周りへのヒアルロン酸とボトックスの注入です。これによって、ほうれい線とマリオネットラインを改善できるのです。モニターの方は事前に募集しており、無料で施術を行いました。

1-04.jpg

 まずは左側だけに施術を行い、施術前と施術後の違いをお見せしました。その後、右側にも施術を行っています。
 下の写真は施術前の状態です。

1-05.jpg

 そして施術後の写真。

1-06.jpg

 ほうれい線が改善され、マリオネットラインもすっきりしていることが、おわかりいただけるはずです。
 なお今回の講演と実演は、「Dr.コムロのビューティ・美・トーク」を放送している大分ケーブルテレコムも取材に来ていました。近いうちに「Dr.コムロのビューティ・美・トーク」の中で紹介されることになるでしょう。もし可能であれば、こちらもぜひご覧いただければと思います。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 交流活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

ビューティークリニック コダマで講演を行いました。

 去る2月5日に、ビューティークリニック コダマで講演を行いました。ここは宮崎県・鹿児島県に合計12店舗を展開しており、年間6万人もの方が来店するエステティックサロン。すでに33年の歴史を持つ、地元に密着した老舗サロンです。

 私が今回講演を行うきっかけになったのは、美容外科医の原田先生から昨年11月にお電話をいただいたことでした。原田先生は以前コムロ美容形成クリニックのドクターだったのですが、現在は主に名古屋で活躍されており、ビューティークリニック コダマでの美容点滴の担当もされています。彼によれば、ビューティークリニック コダマに来店されるお客様の中に美容整形を希望される方が増えているため、美容外科医との業務提携を検討されているとのこと。そこで「ぜひ小室先生を紹介したいのですが、どうすればいいでしょうか」というお話でした。

 このお話を受け、昨年12月にはコダマさんのスタッフと会食をして話を詰め、業務提携することに決定。まずは月に1回行われている店長会議の中で、美容整形に対する理解を深めていただくための講演を行うことになったのです。

P01.jpg

 講演は朝11時からスタート。コムロ美容形成クリニックからもスタッフを5名連れて行き、最初の30分間で私からの説明、次の30分間で質疑応答という構成で進めていきました。タイトルは「美容整形の世界」ということにしましたが、主に目に関する施術についてお話をさせていただきました。

 まず最初に二重まぶたに関する施術を紹介。埋没法、マイクロカット法、小切開法を説明しました。続けて、上眼瞼陥凹修正、目頭切開、下眼瞼脱脂、下眼瞼切開へと話を進めていきました。下眼瞼脱脂のところでは、会場がいちだんと盛り上がりました。下眼瞼のたるみで悩んでいる方は、やはり多いようです。

 さらに眼瞼下垂についても話をしました。これが肩こりや猫背、腰痛、腰部椎間板ヘルニアなどの原因になっていると指摘した時には、会場から驚きの声が上がりました。またこれまでにも何度かご紹介した医療用クリップを使った実験にも、何名かの方に参加していただきましたが、実際に体験した方はその効果にも驚いていました。他の人から「姿勢が良くなった」と言われた方もいらっしゃいました。

 この写真は上まぶたにクリップを付けて、上眼瞼を引き上げているところ。
P02.jpg

 こちらはその状態で肩を上げていただき、肩が楽に動くことを体感していただいているところです。
P03.jpg

 それからこれは、他の方に体験していただいているところです。見ている方々も、興味津々といった感じです。
P04.jpg

 皆さん本当に真剣で、質疑応答でも数多くの質問をいただきました。その多くは眼瞼下垂に関する内容でした。様々な症状が眼瞼下垂で生じていることや、それが手術で治せることを、ご存じない方はまだまだ多いようです。

 これまではエステティックサロンと美容整形の間には、大きな壁があったと思います。しかしお客様にとっては、どちらも美しくなるための手段に過ぎません。お互いに歩み寄って、より良い提案ができる仕組みを作ることは、これからの重要課題になると感じています。その意味でも今回の講演は、大きな意義があったと思います。

 今後もビューティークリニック コダマとの連携を深めながら、このような取り組みを進めていきたいと考えています。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 交流活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

「eeフェスタ」で講演を行いました。

 10月11日、「第3回eeフェスタ」で講演を行いました。「eeフェスタ」とは「女性大分」が主宰する、「新しい発見と出会いを愉しむ」ことを目的とした女性のためのイベントです。今回は「美容と健康」がテーマに取り上げられ、その関係で私もお声がけいただいたのです。

 会場となったのは大分市城崎町のパルスファイブ。夕方5時半から受付が始まりました。会場にはテーマに沿った20のブースが用意され、退社後のOLや60歳代の女性でにぎわいました。女性大分のレポートによれば、来場者数は約160名に上ったそうです。

Fig1.jpg

 会場正面にはステージが用意され、きれいに見える姿勢の作り方や歩き方のポイント、身体が暖まるヨガのポーズ等が紹介されました。またウェディングドレスのファッションショーもありました。私は美容全般からアンチエイジング、眼瞼下垂までを取り上げて、お話しさせていただきました。

Fig2.jpg

Fig3.jpg

 講演の後は、会場内のブースで眼瞼下垂の治療後の状態を、来場された方に体験していただきました。医療用クリップでまぶたを挟むことで肩こりが軽くなるという、このブログでも何度か紹介した例の実験です。初めのうちは私のブースに足を止める方はそれほど多くなかったのですが、私が講演をした後は「ぜひ体験したい」という人がたくさんいらっしゃいました。眼瞼下垂は肩こりや腰痛、ヘルニアの原因なのですが、このような症状で悩んでいる方はやはり多いようです。

Fig4.jpg

 「eeフェスタ」に参加したのは今回が初めてでしたが、とても楽しいイベントでした。お誘いをいただいた時には何を話せばいいのか悩みましたが、結果的には来場された皆さんのお役に立てたのではないかと思います。今回はコムロ美容形成クリニックのスタッフにも何人か来てもらったのですが、どうやら私が知らないうちにウェディングドレスのメーカーの方に声をかけてもらって、ドレスを試着したらしいです。スタッフにとっても楽しいひとときだったみたいですね。

 チャンスをいただければ次回もぜひ、参加したいと思っています。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 交流活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

中国・維坊市アンチエイジング講演旅行(2)

前回の続きです。講演は、次に示すような内容で進めていきました。

(1)額・眉間・鼻唇溝へのヒアルロン酸注入
(2)注入法によるアンチエイジング
(3)バストへのヒアルロン酸注入
(4)陥没乳頭
(5)乳頭入輪縮小術
(6)フェイスリフト
(7)ハッピーリフト
(8)ミラクルリフト
(9)眼瞼下垂
(10)下眼瞼切開
(11)エレーネミストローション
(12)自毛植毛

写真6.JPG

我ながら、かなり幅広い領域を網羅できたと思っています。

講演の後は希望者を対象にしたカウンセリングです。当初は、希望者は数名程度だろうということで、別室で行う予定だったのですが、希望者が20名を超えてしまいました。そのためカウンセリング場所を急遽講演会場に変更、1人10分をめどに実施することになりました。

写真7.JPG

カウンセリングしながらお話しを伺って驚いたのは、多くの方が「本格的な施術」を希望されていたということです。最初はヒアルロン酸注入のような簡単な施術に人気が集まるだろうと思っていたのですが、ほとんどの方が「メスを使う施術」を希望していました。

特に多かったのが、下眼瞼のたるみを解消する施術で、高い完成度を求める声が目立ちました。中国国内ではまだ高度な施術を行えるドクターが少ないのだということを、肌で感じることができました。

写真8.JPG

上の写真は眼瞼下垂のカウンセリングを行っているところです。肩こりに悩んでいるということなので、上瞼にクリップをつけて、眼瞼下垂の治療が肩こり解消につながることを実演しています。実際やってみると、その効果に驚かれる方が多いですね。

カウンセリングの後は、関係者で記念撮影。

写真9.JPG

受講者募集をして下さったソンさんの、エステサロンで活躍しているエステシャンの皆さんとも、記念撮影をさせていただきました。

写真10.JPG

その後は皆さんとランチ。写真に向かって私の左側にいらっしゃるのがソンさんです。場所は広東料理のお店。魚料理がとても美味でした。

写真11.JPG

今回の講演はとても評判がよかったらしく「これからも毎月やりたい」と言われています。ただ私の方もいろいろと忙しいので、どれだけ対応できるかはわかりません。

でもこのような活動を通じて、より多くの方が安心して日本の美容整形を受けられるようになれば、中国にとっても日本にとっても、素晴らしいことだと思っています。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 交流活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。