2011年12月27日

中国・維坊市アンチエイジング講演旅行(1)

 11月28日から30日にかけて、中国・維坊市に行ってきました。維坊市は山東省の都市。凧の都として世界的に知られており、世界一大規模な凧専門の博物館もあります。人口は約836万人。歴史上有名な手工業都市でもあり、近年著しい発展を遂げています。

 私がこの維坊市に行ったのは、美容整形に関する講演を行うためです。今回の講演旅行が組まれたきっかけは半年前にまで遡ります。実は今年の春、大連の方が数名来日し、大分コムロ美容形成クリニックで施術を受けたのです。その評判がとてもよかったとのことで、今回講師として招かれることになりました。

写真1.JPG

 これらの動きには国土交通省の方も絡んでいます。この方は福岡で活動されているのですが、海外から観光客を受け入れるために尽力されていらっしゃいます。その一環として、中国の方に日本の美容整形の施術を受けていただこうという取り組みを、積極的に進めているということです。

 最近では中国でも美容整形に興味を持つ方が増えていて、実際に施術を受ける方も多くなっています。しかし中国国内には十分な技術を持ったドクターの数が少なく、かなりの数の方々が韓国で施術を受けているそうです。この韓国への人の流れを、なんとかして日本に向けることができないか。そのための試みとして行われたのが、春の施術でした。

 しかし今後より多くの方に、日本で安心して美容整形を受けていただくには、まず日本のドクターのことを知っていただき、信頼関係を構築する必要があります。そのドクターとして、私に白羽の矢が刺さったというわけです。

 講演旅行のプランは青島の旅行代理店が作成。受講者の募集は、現地でエステサロンを経営するソンさんという方が担当しました。最初は定員20名で、比較的小さなスペースで講演を行う予定でしたが、最終的に60〜70名の受講希望者が集まり、講演場所もホテルの会議室に変更されたということです。

 私が中国に向けて飛び立ったのは11月28日の午後。中國東方航空で青島空港に向かいます。

写真2.JPG

 空港到着は16時。そこからバスで2時間ほどかけて維坊市に入ります。ホテルに到着後、会議室で打ち合わせを行い、翌日の講演に備えます。

 講演は29日9時にスタート。8時15分に会場に入ります。会場入り口には私の紹介パネルや、施術事例のパネルなどが設置されています。

写真3.JPG

写真4.JPG

 会場は満員。

写真5.JPG

 ここで主にアンチエイジングをテーマに、講演を行ったのです。

(続く)


posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 交流活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

中国・瀋陽訪問記(2)

 前回のエントリーでは観光の話ばかり紹介しましたが、今回の瀋陽訪問の目的はあくまでも、中国進出を検討するための視察にあります。視察させていただい たのは、市の中心部にある「瀋陽博仕男科医院」と「杏林美容整形医院」です。瀋陽市民であればほとんどの人が知っている、有名なクリニックだということで す。

続きを読む
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 交流活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

中国・瀋陽訪問記(1)

 4月22日〜24日にかけて、中国の瀋陽市に行って来ました。目的は現地の美容クリニックを視察すること。でも仕事だけではなく、駆け足ではあります が、観光もそれなりに楽しんできました。

続きを読む
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 交流活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

月刊パームス創刊200号記念パーティ

ちょっと話が古くなってしまうのですが、9月3日に「月刊パームス創刊200号記念パーティ」に出席してきました。場所は宮崎の「フェニックス・シーガイ ア・リゾート」にある「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」。その中にあるサミットホールが会場でした。このホールは日本でも最大規模のホールな のだそうです。

続きを読む
posted by コムロ美容外科 at 16:27 | 交流活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

韓国のスンホ・ムーン先生が来日

12月7日(金)、韓国のスンホ・ムーン先生が
福岡コムロ美容外科歯科にご来院されました。

続きを読む
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | 交流活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。