2016年07月12日

「水素水は体にいい」は本当か?

 最近「水素水は体にいい」「驚くべき効果がある」という話題が、大きな注目を集めるようになっています。なかには「病気が治る」「がん治療にも効果がある」という説もあり、物議をかもしているようです。その一方で「水素水の効果はインチキだ」という意見も少なくありません。6月20日には「人への有効性について信頼できる十分なデータが見当たらない」という国立健康・栄養研究所の見解が発表され、現時点での有効性が否定されています。
 それでは水素水には、本当に効果がないのでしょうか。
 「水素水が体にいい」といわれている理由は、細胞を老化させる活性酸素を、水素によって除去できる点にあります。つまり、体は活性酸素によって徐々に「錆び」ていくことで老化するのですが、この活性酸素が除去されれば「錆び」のスピードが低下し、アンチエイジングに効果があるというわけです。
 しかしこの効果を得るには、高濃度の水素を体に取り込む必要があります。しかし一般に市販されている水素水の中には、十分な濃度を確保できていないものも少なくありません。このような観点から見れば、「効果がない水素水」も少なからず存在していることになります。
 その一方で、十分に高い濃度の水素水には、間違いなく健康上の効果があります。コムロ美容外科では以前から「ナノバブル水素水」を取り扱っており、私自身も日常的に愛飲しています。その経験から、「冷え性の人の体温を上昇させる効果」と「アトピー性皮膚炎を軽減する効果」が、実際にあることがわかっています。

01.jpg

 体温の低い人は、病気になりやすい傾向があります。そのような方の体温を上げることができれば、病気を未然に防げます。またアトピー性皮膚炎では、免疫機構がアレルゲンに過剰反応することで炎症やかゆみが生じますが、その時に大量の活性酸素が発生します。この活性酸素を除去することで、炎症反応を抑えることが可能になります。
 水素の濃度が高ければ、より大きな効果が見込めます。そのためコムロ美容外科では、今年7月から「水の力創造社」という会社の水素生成器「H.Bottole」と、水素吸入器をテスト導入しています。
 H.Bottleは一般的な天然水をボトルに入れ、ボトル内部で電気分解を起こすことで水素を発生させ、水素水を作るというものです。約3分間電源を入れることで、800〜1200ppmの水素水を作ることができます。一般的な水素生成器は300〜400ppm程度なので、極めて高い水素濃度を実現していることがわかります。

02.jpg

 水素吸入器は、酸素吸入器と同じように「鼻カニューラ」で直接、気体の水素を鼻から吸入するための装置です。水素水よりもさらに高濃度の水素を体に取り込むことができます。

03.jpg

 この会社では今年10月、お風呂用の水素発生器も発売する計画だと聞いています。つまり「水素風呂」です。その効果に関する検証実験もすでに行われています。そのレポートによれば、一般的な風呂に比べ、ストレス度の低下、生体抗酸化力の向上、疲労の目安となる乳酸値の低下、熟睡度を示す深睡眠時間の増加、といった効果が得られたといいます。
 このように水素水には、健康状態を改善する様々な効果が見込めます。「がん治療に効果がある」というのは言い過ぎだと思いますが、「水素水の効果はインチキ」ということはないと確信しています。国立健康・栄養研究所が指摘する「十分なデータが見当たらない」という状況も、今後数多くの取り組みによって改善していくでしょう。健康法に関する情報は、これまで様々なものが登場し、廃れていきましたが、水素水はこれからも注目に値する存在であり続けると思います。
 なお前述の水素吸入器は、コムロ美容外科 銀座院に設置しています。本格導入するかどうかはまだ検討中ですが、7月末までは置いてありますので、興味のある方はぜひ当院までご連絡ください。

posted by コムロ美容外科 at 16:00 | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

若返りに効果的な成長ホルモンを分泌促進する「HGHサプリメント」

 今回はHGH(Human Growth Hormone)についてお話したいと思います。
 HGHとはヒト成長ホルモンのことで、脳の中心に位置する「下垂体」と呼ばれる場所で生成されます。成長や心身の健康維持に重要な役割を果たしていることがわかっていますが、その分泌量は加齢とともに急速に低下していきます。分泌量は青年期にピークに達し、40歳代ではその半分程度、50歳代では1/4程度にまで低下します。
 HGHの分泌量低下は、肌のハリの喪失、シワの増加、体脂肪の増加、記憶力や認知能力の低下、エネルギーレベルの低下等、様々な形での老化現象を引き起こします。このような問題を解決するために考えだされたのが、HGH療法です。HGHの量を人為的に増やすことで、老化に伴う様々な症状を改善できるのです。
 体内のHGHを増やす方法としては、現在3つの方法があります。加圧式トレーニング、HGHそのものの注射、そしてHGH分泌促進のアミノ酸サプリメントの摂取です。
 加圧トレーニングは芸能人の間で流行したこともあり、よく知られています。実際に効果があることも認められていますが、危険性があることも指摘されています。適正な方法で行わないと、静脈血栓ができやすくなる、脳梗塞の原因になる、毛細血管の内出血を引き起こす、等のリスクがあると言われているのです。そのため加圧トレーニングを熟知したトレーナーの指導の元で行うべきなのですが、その結果、トレーニング費用が高額になってしまいます。
 HGH注射は「翌日に自分の顔を鏡で見れば若返り効果が確認できる」という程、劇的な効果があります。しかし費用は6ヶ月間で約300万円程度と、極めて高額です。
 これらに対し安全性が高く、安価な費用でHGH分泌量を増やせるのが、アミノ酸サプリメントの摂取です。コムロ美容外科では2013年9月からこのサプリメント(HGHサプリメント)を取り扱っており、多くの方がリピーターになっています。

01.jpg

 上の写真がHGHサプリメントのパッケージです。価格は1ヶ月分(30包入り)で13,200円+消費税です。1包あたり、HGH分泌促進に必要なアミノ酸が7種類、合計1万mgも配合されています。これは一般的なサプリメントに比べると驚くべき量です。例えばフィットネス用のサプリメントでも、アミノ酸量は多くても5000mg程度に過ぎません。またHGHサプリメントにはHGH分泌促進をサポートする成分として、レスベラトロールや植物プラセンタ、ギャバ、パラチノース、α-GPC、4種類のビタミンも配合されています。これらの成分の相乗効果によって、高いHGH分泌促進効果が実現されているのです。

02.jpg

 中身は上の写真のような粉末になっています。複数種類の粉末が混ざっていることが、肉眼でもはっきりわかります。これを約150ccの水に溶かして飲みます。飲みやすくなるように、昔懐かしい粉末オレンジジュースの味が付いていますが、決して美味しいといえる味ではありません。サプリメントに含まれるアミノ酸は摂取後、消化工程を経ることなく、そのまま小腸で100%吸収されます。その後、血中を通って下垂体へとたどり着き、HGHの分泌を促すことになります。
 このHGHサプリメントは健康な人が飲んでも、あまり効果を感じないようです。しかし、何かしら健康上の問題を抱えている人には、大きな効果があります。例えば全身の倦怠感、睡眠障害、肌荒れ、傷の治りが悪いといった症状に対しては、まさに特効薬と言えるほどの劇的な効果を見せます。また記憶力や認知能力の低下、老人性うつ病等の改善でも効果が認められています。実際に一度このサプリメントを使用して効果を実感すると、なくてはならない存在になるようです。
 なおこのサプリメントは医療機関専売品となっており、ドラッグストアや通信販売では購入できません。取り扱っている医療機関も、ほとんどが美容関連のクリニックです。加齢に伴う体調不良や肌の衰え、睡眠障害、記憶力・認知力の低下、躁鬱症等に悩まされているのであれば、ぜひ一度試してみることをお勧めします。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

ナノ水素水で体の中からアンチエイジング(2)

 前回は水素水の紹介と、水素がもたらす病気予防や老化防止の仕組みについて、簡単に説明しました。今回はその水素水の中から、コムロ美容形成クリニックで取り扱っている「ナノサプリーム(ナノ水素水)」の特徴をご紹介します。

続きを読む
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

ナノ水素水で体の中からアンチエイジング (1)

 7月のエントリーで「眼瞼下垂セミナー」のお話しをしましたが、今回はこのセミナーでも紹介させていただいた「水素水」を取り上げたいと思います。実はコムロ美容形成クリニックでも「ナノサプリーム(ナノ水素水)」という水素水を取り扱っています。

Photo

続きを読む
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

眼瞼下垂セミナーをやりました。(2)

 前回の続きです。6月26日に開催した「眼瞼下垂セミナー」は、次のように進められていきました。

 まず最初に私が、眼瞼下垂について解説を行いました。眼瞼下垂は顔の表情から若々しさを奪うだけではなく、肩こりや頭痛、腰痛、猫背の原因でもあること。そして眼瞼下垂を手術で治すことで、これらの悩みから永久に解放されることなどを説明しました。お客さまの反応は予想以上に良く、予定より10分ほど時間をオーバーしてしまいました。

21続きを読む
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。