2015年08月11日

眼瞼下垂治療のさらなる効果

 このブログではこれまでにも何度か、眼瞼下垂治療について解説してきました。眼瞼下垂治療は頭痛や肩こり、腰痛等、様々な症状を改善できます。しかしこれらの肉体的な症状の改善ばかりではなく、スポーツのパフォーマンスや学習能力の向上にも、大きな貢献を果たすことがわかってきました。
 コムロ美容外科ではほぼ毎日、年間で1000件程度の眼瞼下垂治療を行っており、これまでに累計件数は2万件に達しています。患者さまの中には、スポーツ選手や学生も含まれており、小学生が治療を受けたケースもあります(なおご両親がお連れしたお子様の場合でも、当クリニックでの治療はご本人の承諾が必要となります)。
これだけの治療実績があるクリニックは、世界的に見ても珍しいと言えるはずです。治療を行った1ヶ月後には、必ず検診を受けていただき、その後の状況をお聞きしています。その結果わかったのが、運動能力や学習能力の改善効果なのです。
 その一例が、セミプロ級のボクサーのケースです。この方からは「腫れたまぶたを治したい」というご依頼を頂いたのですが、実際には眼瞼下垂の症状でした。そこでその場でシャドーボクシングをしていただき、その後まぶたを挙げる医療用クリップを付けて同じことをしていただきました。その結果、まぶたを挙げた時の方が、間違いなくパンチのスピードが向上したのです。この体験でご本人も本当の問題を理解し、眼瞼下垂治療を行った結果、試合時のパフォーマンスも向上したのです。
 またゴルフのドライバーの飛距離が20〜30ヤード伸びたケースもあります。この方の場合は、アドレスを決める時に肩に力が入ってしまい、飛距離が思うように伸びなかったのですが、眼瞼下垂治療によって肩の力が抜け、これがいい結果に結びついたようです。
 これらの他にも、高校球児の投球スピードが改善したケースや、テニス選手のショットスピードが向上したケースもあります。高校でバスケットボール選手だった方は、眼瞼下垂治療後にシュートの狙いが定まりやすくなったと言っていました。
 その一方で、眼瞼下垂治療後に偏差値が上がったという小学生のお子さんもいらっしゃいます。また高校生の患者さんでも、以前より記憶力が高まったと言うケースが複数存在しています。
 これらの事実が物語っているのは、眼瞼下垂治療によって周囲の状況が見えやすくなり、認知能力も向上することによって、スポーツや勉強のパフォーマンスが向上するのではないかということです。このような効果は、認知症の方でも享受できるはずです。眼瞼下垂でものが見えにくくなると、読書などが難しくなり、新たな情報を入手しにくくなります。しかし治療によってこの状況が改善されれば、外部からの刺激を受けやすくなり、認知能力も高まると考えられます。
 
 日本人は7〜8割の方が眼瞼下垂の症状を持っていると言われています。スポーツのパフォーマンスがなかなかアップしない、あるいは勉強の成績が伸び悩んでいるという悩みを持っているのであれば、その原因は眼瞼下垂かもしれません。
 また眼瞼下垂治療は猫背を改善できますが、これによって老化が遅くなり、ガンにもなりにくくなるという効果もあります。猫背の方は呼吸が浅く、1回の換気量が少ないため、体内に活性酸素が溜まりやすくなり、細胞を錆びさせてしまいますが、猫背を改善することで呼吸量が増え、活性酸素を追い出しやすくなるからです。肥満体の方はこの効果によって、代謝が良くなり、体重が減少しやすくなります。もちろん顔のこわばりが解消され、表情筋に収集で生じる細かいシワがなくなり、優しく若々しい顔になるという効果もあります。老化の防止ばかりではなく、アンチエイジングも期待できるのです。
このように眼瞼下垂を治療することで、美容と健康、若返り効果、運動能力や学習能力の改善効果が得られます。これらに関して悩んでいるのであれば、ぜひ一度専門医に相談されることをお薦めします。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

若返りに効果的な成長ホルモンを分泌促進する「HGHサプリメント」

 今回はHGH(Human Growth Hormone)についてお話したいと思います。
 HGHとはヒト成長ホルモンのことで、脳の中心に位置する「下垂体」と呼ばれる場所で生成されます。成長や心身の健康維持に重要な役割を果たしていることがわかっていますが、その分泌量は加齢とともに急速に低下していきます。分泌量は青年期にピークに達し、40歳代ではその半分程度、50歳代では1/4程度にまで低下します。
 HGHの分泌量低下は、肌のハリの喪失、シワの増加、体脂肪の増加、記憶力や認知能力の低下、エネルギーレベルの低下等、様々な形での老化現象を引き起こします。このような問題を解決するために考えだされたのが、HGH療法です。HGHの量を人為的に増やすことで、老化に伴う様々な症状を改善できるのです。
 体内のHGHを増やす方法としては、現在3つの方法があります。加圧式トレーニング、HGHそのものの注射、そしてHGH分泌促進のアミノ酸サプリメントの摂取です。
 加圧トレーニングは芸能人の間で流行したこともあり、よく知られています。実際に効果があることも認められていますが、危険性があることも指摘されています。適正な方法で行わないと、静脈血栓ができやすくなる、脳梗塞の原因になる、毛細血管の内出血を引き起こす、等のリスクがあると言われているのです。そのため加圧トレーニングを熟知したトレーナーの指導の元で行うべきなのですが、その結果、トレーニング費用が高額になってしまいます。
 HGH注射は「翌日に自分の顔を鏡で見れば若返り効果が確認できる」という程、劇的な効果があります。しかし費用は6ヶ月間で約300万円程度と、極めて高額です。
 これらに対し安全性が高く、安価な費用でHGH分泌量を増やせるのが、アミノ酸サプリメントの摂取です。コムロ美容外科では2013年9月からこのサプリメント(HGHサプリメント)を取り扱っており、多くの方がリピーターになっています。

01.jpg

 上の写真がHGHサプリメントのパッケージです。価格は1ヶ月分(30包入り)で13,200円+消費税です。1包あたり、HGH分泌促進に必要なアミノ酸が7種類、合計1万mgも配合されています。これは一般的なサプリメントに比べると驚くべき量です。例えばフィットネス用のサプリメントでも、アミノ酸量は多くても5000mg程度に過ぎません。またHGHサプリメントにはHGH分泌促進をサポートする成分として、レスベラトロールや植物プラセンタ、ギャバ、パラチノース、α-GPC、4種類のビタミンも配合されています。これらの成分の相乗効果によって、高いHGH分泌促進効果が実現されているのです。

02.jpg

 中身は上の写真のような粉末になっています。複数種類の粉末が混ざっていることが、肉眼でもはっきりわかります。これを約150ccの水に溶かして飲みます。飲みやすくなるように、昔懐かしい粉末オレンジジュースの味が付いていますが、決して美味しいといえる味ではありません。サプリメントに含まれるアミノ酸は摂取後、消化工程を経ることなく、そのまま小腸で100%吸収されます。その後、血中を通って下垂体へとたどり着き、HGHの分泌を促すことになります。
 このHGHサプリメントは健康な人が飲んでも、あまり効果を感じないようです。しかし、何かしら健康上の問題を抱えている人には、大きな効果があります。例えば全身の倦怠感、睡眠障害、肌荒れ、傷の治りが悪いといった症状に対しては、まさに特効薬と言えるほどの劇的な効果を見せます。また記憶力や認知能力の低下、老人性うつ病等の改善でも効果が認められています。実際に一度このサプリメントを使用して効果を実感すると、なくてはならない存在になるようです。
 なおこのサプリメントは医療機関専売品となっており、ドラッグストアや通信販売では購入できません。取り扱っている医療機関も、ほとんどが美容関連のクリニックです。加齢に伴う体調不良や肌の衰え、睡眠障害、記憶力・認知力の低下、躁鬱症等に悩まされているのであれば、ぜひ一度試してみることをお勧めします。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

UMK テレビ宮崎「3きゅう」に出演しました。

先日、UML テレビ宮崎で5月22日に放送された「3きゅう」に、スタジオ生出演してきました。
この番組は、宮崎の旬な話題・情報をいちはやくお伝えする、宮崎の生活応援情報番組。便利な商品やイベントの情報、宮崎の旬な話題にクーローズアップし、知って得する情報をお伝えするというものです。私はここで約3分半の時間をいただき、眼瞼下垂の話をさせていただきました。
ここにその内容を再録しておきたいと思います。

01.jpg

貴島 あゆ美さん(MC):みなさん、肩こりや頭痛には意外な原因があるそうなんです。詳しく教えていただきましょう。

ジェイミー ハバードさん(MC):はい、スタジオにはコムロ美容外科の院長、小室好一先生に来ていただきました。

02.jpg

貴島さん・ジェイミーさん:よろしくお願いします。

コムロ:よろしくお願いします。お二人は眼瞼下垂という症状をご存知ですか。

ジェイミーさん:眼瞼下垂ですか。聞いたことないですね。どういう症状ですか。

03.jpg

コムロ:眼瞼下垂とはこのように、上瞼が重くて垂れ下がっている状態を言います。

貴島さん:なんだか目元が眠たそうな感じですよね。眼瞼下垂なのかどうかを自分でチェックする方法はありますか。

コムロ:自己診断法があります。まず眼瞼下垂の方は、目を開ける時に眉を使います。眉毛で目を開ける人は眼瞼下垂なので、まず目を閉じて眉毛のところを人差し指で両方とも押さえます。なるべく強く抑えてください。

ジェイミーさん:こうですか。

04.jpg

コムロ:そうです。この状態で目を開けます。ここで指に抵抗がある方は眼瞼下垂の症状があります。

ジェイミーさん:私たちはどうですか。

コムロ:大丈夫ですね。

ジェイミーさん:ドキドキしますね。

貴島さん:ねえ。

05.jpg

コムロ:正常であれば目がしっかり開きます。まぶたが瞳孔の上縁にかかっていると軽度の眼瞼下垂、瞳孔の中心まで下がった状態であれば重度の眼瞼下垂の可能性があります。

貴島さん:これが頭痛や肩こりの原因にもなるというわけですね。

コムロ:そうです。

06.jpg

貴島さん:まぶたが関係しているなんて、ちょっと意外でしたね。

ジェイミーさん:意外ですね。では眼瞼下垂にはどういった治療方法があるんですか。

コムロ:眼瞼下垂はまぶたを挙げる筋肉が弱っています。要は伸びきったパンツのゴムひもの状態なのです。

07.jpg

コムロ:まぶたの近くにはまぶたを挙げる眼瞼挙筋という筋肉があります。これを短くすることで、おでこの筋肉を使わなくても目を開けられるようになるので、肩こりや猫背、腰の痛みも解消されます。

貴島さん:これが施術をした例ですね。

08.jpg

ジェイミーさん:施術前に比べて顔の表情が柔らかくなりますね。

コムロ:おでこの部分のたるみがとれて、若々しい表情になりましたね。

貴島さん:そうですね。

コムロ:皆さんの中には肩こりの症状をお持ちの方も、かなりいらっしゃるかと思います。まぶたを挙げる筋肉を強化することで、どれだけ肩こりが解消されるのか。こういったことも、当院ではその場で体験していただけます。ぜひ皆さん、お気軽においでいただければと思います。

貴島さん:コムロ美容外科は宮崎市橘通り3丁目、日高時計宝飾店の隣のビルの7階にあります。カウンセリングは無料、プライバシーを重視し完全予約制となっています。まずはお電話、またはホームページから、お気軽にお問い合わせください。

ジェイミーさん:今日は勉強になりました。

貴島さん:そうですね。

ジェイミーさん:今日はありがとうございました。

貴島さん:ありがとうございました。

09.jpg
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | メディア出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

TOSテレビ大分の「ゆ〜わくワイド」に出演しました。

4月8日(水)にオンエアされた「ゆ〜わくワイド」に、約3分間出演しました。出演のお話を頂いたのは3月18日、収録はコムロ美容外科 大分院で3月24日に行いました。
私の場合このような収録は、午前中に時間を確保して行うことが多いのですが、今回は急なお話だったこともあり、私の仕事が終わった後の19時頃に収録をスタートしました。女性司会者がナビゲーターとなり、約10分程度で収録が完了しました。
今回はオンエアされた内容を、文章と写真で再現します。お話のテーマは眼瞼下垂です。

01.jpg

ナビゲーター:最近肩こりが辛い、頭痛や腰痛に悩まされているという方が多くいらっしゃるかと思います。その原因の1つに眼が関係していること、ご存じですか。今日は大分市府内町にありますコムロ美容外科 大分院にやってきております。

ナビゲーター:コムロ総院長にお話をお伺いします。よろしくお願いします。

コムロ:よろしくお願いします。

ナビゲーター:肩こりや頭痛の原因の1つが…

コムロ:はい、眼瞼下垂です。ご存じですか。

02.jpg

ナビゲーター:眼瞼下垂…?

コムロ:こちらのフリップを見ていただきましょう。眼瞼下垂とは、まぶたが垂れ下がっていると書きます。眼精疲労等でまぶたが重いなという人が、肩こり、頭痛、腰痛、猫背といった症状になりやすいのです。

03.jpg

コムロ:次のフリップは眼瞼下垂の特徴的な顔貌です。ご覧のように眼やまぶたがかなり重くなっており、まぶたを上げるために眉を使っています。

04.jpg

コムロ:しかし眉を上げるためには、おでこの前頭筋という筋肉を収縮させる必要があります。収縮させた筋肉は硬くなります。その結果、首の後ろの後頭筋等も連鎖的に硬くなり、肩こりなどが起きるわけです。

ナビゲーター:眼の症状1つで、いろんなところに症状が出てくるのですね。

コムロ:はい。

ナビゲーター:この眼瞼下垂の原因は何なのでしょうか。

コムロ:ではこちらのフリップをご覧ください。

05.jpg

コムロ:これは眼の解剖図です。まぶたを上げる筋肉はここにあるのですが、これを眼瞼挙筋といいます。この眼瞼挙筋が伸びてしまうと、まぶたが上げにくくなります。その治療としては、伸びきった眼瞼挙筋を短くする手術を行います。この時、二重まぶたの手術等を同時に行うこともあります。

ナビゲーター:それはありがたいですね。

コムロ:眼瞼下垂の治療を行うと、先ほどの症状が軽減するだけではなく、顔の表情も柔らかくなります。まさに美容と健康の両方に効果的な手術だといえます。当院では無料でカウンセリングを行っております。皆さまもお気軽にご相談ください。

ナビゲーター:コムロ美容外科 大分院は、大分市府内町にあります。プライバシー重視のため完全予約制となっておりますので、ご安心ください。またメールでのお問い合わせにも対応しておりますので、詳しくはホームページをご覧ください。今日はコムロ美容外科総院長の小室先生にお話をお伺いしました。ありがとうございました。

コムロ:ありがとうございました。

06.jpg

「ゆ〜わくワイド」は大分県ではたいへん人気のある番組で、視聴者数も多いと聞いています。そのおかげかこのオンエアの後、お問い合わせを立て続けに頂きました。その多くがご高齢の方だったのですが、やはり加齢による眼瞼下垂に悩まされている方は少なくないようです。
もし肩こりや頭痛、腰痛、猫背といった症状があれば、ぜひ一度専門家にご相談ください。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | メディア出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

美容皮膚科と美容外科は異なるということ

 しばらくメディア出演の話題が続きましたが、今回はいま私が感じていて、ぜひ皆さまにお伝えしておきたいことをお話したいと思います。

 最近はフリーペーパーがさまざまな場所で配布されていて、女性に特化したものも増えています。このようなフリーペーパーを開くと、中には美容クリニックの広告やタイアップ記事が、たくさん掲載されています。コムロ美容外科も掲載をお願いされることがあるため、このようなフリーペーパーがクリニックに届くのですが、掲載されている他の広告を見ると、「これはまずいのではないか」と感じるのです。

 その理由は、掲載されている施術の内容がヒアルロン酸注入やレーザー照射など、メスを使わない簡単な施術ばかりになっているということです。

 このような簡単な施術は、以前は「美容内科」と呼ばれた時期もありましたが、現在では「美容皮膚科」というカテゴリーになっています。この種の施術のほとんどは、価格の安さを訴えてお客様を呼び込んでいるようなのですが、これが施術を受ける人にとって本当に良いことなのか、疑問を感じてしまうのです。

 実際に多くのクリニックで、メスを使った施術が少なくなっているようです。コムロ美容外科は、他のクリニックのドクターが希望した場合には、施術の見学も受け入れているのですが、見学にいらっしゃる若いドクターの多くがメスを使った施術の経験に乏しく、彼ら自身も「このままでいいのか悩んでいる」と話しているのです。

 また先日「ヨソで言わんとい亭」に出演した時も、一緒に出演した高須先生や南雲先生、半田先生と、「最近は外科手術を行うドクターが少なくなった」という点で、意見が一致しました。

 メスを使った外科手術は高度な技術が必要になるため、簡単な施術に比べて当然ながら料金は高くなります。安くすむ施術でお客さまを呼び込んで、薄利多売で売上を上げていきたいという経営者の考え方も、理解できないわけではありません。しかし、そこに外科医としてのプライドはあるのでしょうか。お客さまのことを本気で考えた場合には、外科のテクニックを駆使した方がいいケースが、実は多いのです。

 ヒアルロン酸注入やレーザー照射等の効果は、極めて限定的です。1回施術を行っても、その後毎年同様の施術を行う必要があります。つまり1回の施術の料金が安くても、その効果を維持させるには、継続的にコストを掛けなければならないのです。しかも十分な効果が得られないことも少なくありません。安物買いの銭失いになる危険性も高いと言えます。

 これに対してメスを使った美容外科の施術は、確実に効果が得られ、しかもその効果が一生続きます。1回の施術料金が高く見えても、長期的には割安になることが多いのです。

 アンチエイジングを目的にした場合には、美容皮膚科との差はさらに広がります。そもそも「若くできる」のは、外科手術しかありません。美容皮膚科の施術はほぼ「現状維持」の効果しか期待できないのに対し、美容外科の施術は皮膚の状態を「若い時に戻す」ことが可能です。若い時に戻った状態をスタートラインにし、その後ヒアルロン酸注入等を行えば、さらに大きな効果が得られます。

 皆さまにお願いしたいのは、最近増えている「美容皮膚科」の施術を、「美容外科」の施術と混同しないでいただきたいということです。両者は大きく異なります。美容皮膚科の施術で思ったような効果が得られなかった時には、是非とも美容外科の施術を試してください。そしてできるなら、最初から美容外科も視野に入れて施術を選択していただきたいと思います。

 そして外科医のスキルを持つドクターには、ぜひともその腕を振るってほしいと思います。プライドを持ってそのスキルを活かすことは、美容外科の未来をさらに広げ、最終的には施術を受ける方々の幸せにつながっていくのですから。
posted by コムロ美容外科 at 16:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。